コンテンツ

良い姿勢と腰痛

良い姿勢と腰痛の嘘

姿勢とは無関係な腰痛の原因とは

働く現代人の多くを悩ませる腰痛。

腰は身体の中心に位置するだけに、腰痛になると仕事に集中できない、立っているのが辛くて家事ができないなど、日常生活に様々な影響を及ぼす

その原因は猫背や反り腰など「姿勢の悪さ」にあると言われており、整体やカイロプラクティックへ通って矯正しようとする人も少なくない。

だが実は、姿勢と腰痛には何の関係もないことが科学的に証明されている。

現在、姿勢と腰痛の関係について、世界的に最も信頼性が高いとされているのが、2008年に南デンマーク大学が行った研究だ。

この研究では、1980年代から2000年代までの腰痛と姿勢に関するデータ分析。

あらゆる点において姿勢の悪さと腰痛には関連がないと結論付けている。

つまり、姿勢を矯正しても、腰痛は解消しないのだ。

ではなぜ、腰痛になるのだろうか。

これについては、2007年にまとめられた「腰痛診療についてのヨーロッパガイドライン」にこう記されている。

「腰痛の85%には明確な原因がなく、大半は心理的な理由によるものである」

単なる心の問題だというのだ。

中には本当に神経が損傷して発生するものもあるが、そういった物理的な要因による腰痛は、わずか5%に過ぎない。

したがって、同ガイドラインでは「腰痛は自然に回復する。回復が遅れるのは、メンタルに問題がある」とまとめられており、最近では脳の勘違いを正す「認知行動療法」という治療方法が成果をあげている。

つまり、腰痛の治療にはカイロプラクティックや整体による姿勢矯正よりも、心のケアの方が大事なのである。

気分の落ち込みが腰痛を引き起こし、腰痛によって更に気分が落ち込むという悪循環に陥ってしまう。