コンテンツ

水を飲む健康法

水を飲む健康法の嘘

大量に水を飲むことに意味はない

人間の身体は水でできている。

年齢を重ねるにつれて減っていくのが、赤ちゃんであれば体重の70〜80%、成人で60〜65%は水分だ。

身体から水分がなくなれば生きていけない。

それくらい人間と水は切っても切れない関係にある。

そのため、いくら飲んでも問題ないというイメージが定着している。

それどころか、1,5〜2ℓの大きなペットボトルの水を毎日飲むと、ダイエットや体内の毒素を排出するデトックス効果があるなど、健康に良いという説まで存在する。

それを信じて実践している人も少なくないだろう。

確かに、アルコール類や糖分の多いジュースと違って、飲む水の量を控えるように、という話はあまり聞いたことがない。

だが、何事にも限度というものがある。

例えば水でも、飲み過ぎれば健康を害する可能性があるのだ。

まず基本的な知識として、人間の身体からは、尿や便、汗などの形で1日当たり2000〜2500mℓの水分が排出される。

その分を安定的に補給できれば、健康上の問題はない。

ただし、それを全て飲料水でまかなう必要はない。

米飯や味噌汁、野菜などの食事からも水分は摂取されるので、飲料水として必要なのは、その不足分だけで良い。

その量、およそ1ℓ。それ以上飲んでも余った分は体外へ排出されてしまう。

しかも、ただ出ていくだけなら良いが、排出機能を司る腎臓に負担をかけることになる。

一方、大量の水を飲む根拠となっているのは、「ダイエットや美容に効果的」という説だが、これについては医学的な効果が立証されていない。

1日の平均水分排出量(ml)

1日の水分排出量と摂取量は同程度が望ましいので、飲料水は1ℓ前後を摂るように心がけたい。

以下、公益社団法人、千葉栄養士会の資料より参考。

尿 1,400〜1,500
便 100〜200
生理的に失われる水分 900
合計 2,000〜2,500

1日の水分摂取量の目安(ml)

食物中の水 1,000
体内での代謝水 300
飲料水 1,200
合計 2,000〜2,500

3食分、食事内容によって変動はする。

水中毒で死にいたる場合もある

水を大量に飲んでも意味がないことは、これで明らかになった。

だが、意味がないどころか、もっと恐ろしい事態に至る場合もあるのだ。

「水中毒」という言葉をご存知だろうか。

極端に大量の水を飲んだ場合に起きる症状だ。

腎臓の排出能力を超えるほどの大量の水を飲むと、血液中のナトリウム(塩分)濃度が低下してしまう。

すると、疲労感やだるさが初期症状として現れ、やがてめまいや頭痛、吐き気などを引き起こす。

これが「水中毒」だ。

脱水症状にも似ており、重症の場合は昏睡状態から死に至ることもある。

命に関わるほどの重症ではなくても、水中毒の治療には水分摂取を制限したり、排泄を促したりしなければならないため、病院での対応が必要になる。

こうなると、ダイエットや美容どころの騒ぎではない。

一般にはまだあまり知られていないものの、深刻な結果をもたらす可能性があることから、東京マラソンの開催時にはホームページで熱中症と並んで参加者に注意を呼びかけることもある。

水を飲むだけで死亡する可能性があるというのは、水が身体に良いと信じていた人にとって青天の霹靂だろう。

だが、無闇に水分を多量摂取すると、命に関わる可能性があることを知った上で、適切な水分補給に務めてほしい。

「水中毒」は、時に死に至る恐ろしい症状だが、程度の差こそあれ水の飲み過ぎで起きる問題は他にもある。

人間の身体が、不要な水分を体外に排出することは既に述べたが、腎臓は血液を濾過して不要物を尿として排泄する。

つまり、水の飲み過ぎは尿の回数を増やすことになり、場合によっては尿もれ、夜間尿といった症状を引き起こす。

また、夜間に繰り返しトイレにいくことは、睡眠不足にもつながる。

その他にも、腎臓に至るまで摂取した水分は血管を流れるため、大量の水分は血管を圧迫する。高血圧の人は要注意だ。

更に、夏場は冷たい水を飲む機会が増えるが、これも気をつけないと身体を冷やす結果となり、頭痛やめまい、胃腸の悪化など、体調不良の原因となる。

汗をかいたら水と一緒に塩分も

夏場やスポーツで汗をたくさんかいた時などの水分補給には、水よりもスポーツドリンクをオススメしたい。

汗と一緒に体内の塩分が失われるため、塩分も補給しないとナトリウムが不足してしまうからだ。

場合によっては、スポーツドリンクよりも塩分濃度の高い経口補水液を使って、適切な塩分補給を心がけてほしい。