コンテンツ

発熱と解熱剤

発熱と解熱剤の嘘

風邪を引くと熱が上がるのはなぜ

風邪やその他の病気で体調を崩し、発熱した時に使う薬が解熱剤。

病院に行ってまず確実に処方される薬といって良いだろう。

確かに、発熱は他人から見ても苦しんでいる様子が明らかだし、体温計を使えば数値としてもはっきりするので病気の症状としても分かりやすい。

そのため、解熱剤を使って症状を改善しようとしがちだ。

また、子供の頃は抵抗力も弱く発熱しやすいので、誰もが幼い頃から解熱剤のお世話になってきたに違いない。

それだけ身近な存在なので、使用することに対して抵抗感が少ないのだ。

だが、ちょっと待ってほしい。

解熱剤で熱を下げるのは、病気の治療として本当に正しいことなのだろうか。

また、熱が下がったからといって、それで治ったと言えるのだろうか。

解熱剤に対する疑問を解消するには、まず、発熱とは何かということを正しく理解する必要がある。

風邪の大半はウイルス感染によって発症するが、この時、人体は白血球を増やしてウイルスと戦おうとする。

その際、脳は発熱を促すことによって白血球を支援する。

体温を上げると白血球の活動が活発になり、免疫力が高まってウイルスに対してより大きな力を発揮できるからだ。

反対に風邪のウイルスは低温の方が増殖しやすいので、温度が上がると活動が抑制され、勢いを失う。

つまり発熱とは、白血球が自分たちのテリトリーに侵入してきたウイルスを迎え撃つための環境整備であり、人体が風邪という非常事態に対処するための正しい反応なのだ。

発熱t解熱剤のメリットとデメリット

解熱剤の大きなデメリットは、白血球有利の状況を失うこと、つまり免疫機能の低下である。

メリット デメリット
発熱 感染免疫機能の増強

病原体の増殖を抑える

痛み

全身倦怠感

食欲低下

解熱剤 苦痛の除去

水分や栄養補給の補助

感染免疫機能の低下

内服による副作用

解熱剤の使用は身体の抵抗力を弱める

発熱が、風邪と闘う人体の正しい反応であることは分かった。

だがそうすると、解熱剤で熱を下げることが正しいことかという疑問が生じてくる。

風邪の最中に解熱剤を使用して熱を下げることは、白血球対ウイルスの戦いにおいて、せっかく作り上げた白血球有利な状況を無駄にしてしまう可能性がある。

また、熱が上がると身体を動かそうという意欲がなくなり、食欲も落ちる。

いずれも平常時であれば人間にとってごく当たり前の行動だが、それでもエネルギーを消費する。

発熱は、こういった活動を抑制することで無駄なエネルギー消費を減らし、ウイルスとの戦いに集中させようとする反応でもある。

風邪を引いた時に安静にしているのはそういった意味もあるのだが、熱が下がればどうしても身体を動かしたくなってしまう。

無理に動くと治りが悪くなるのは言うまでもない。

解熱剤の使用には以上のようなデメリットがあり、むしろ病気を長引かせてしまう可能性がある。

先に述べた通り、発熱は人体が病気と戦っていることの証明なので、病気が回復すれば自ずと熱は下がるのだ。

「風邪の特効薬はない」と言われているように、やはり風邪を引いた時は安静にしていることが一番なのである。

解熱剤の使用は、やむおえない場合のみに留めた方が良いだろう。

解熱剤同様、風邪を引くと医師から処方される薬に抗生物質がある。

抗生物質はウイルスに便乗して感染を狙う細菌を標的とした薬だが、こちらの使用にも注意が必要だ。

抗生物質は次々と新しい薬が開発されているものの、細菌が新薬に対する耐性を得るスピードも速く、イタチごっこを繰り返しているのが現状だ。

そのため、無闇にしようしても効果が得られない場合がある。

それどころか、抗生物質には腸内細菌が死んでしまいお腹の調子が悪くなるという副作用がある。

病院に行くと抗生物質と一緒に胃薬が処方されるのは、これを防ぐためである。

したがって、抗生物質をしようする際には、腸内細菌のエサになる食物繊維(特に水溶性)を一緒に摂取することをオススメしたい。

あてにならない病院の風邪薬

風邪で病院に行くと様々な薬を処方してくれる。

だが、「風邪の特効薬はない」と言われている通り、医師の方も何が効くのか分からないまま、「一応試しておく」という感覚で出すことも少なくない。

したがって、薬をあてにするよりも、安静にして身体の抵抗力を十分に発揮できるよう配慮することが、回復への一番の近道だ。