コンテンツ

悪玉VS善玉、コレステロール

悪玉VS善玉、コレステロールの嘘

コレステロールなしに人間は生きられない

ガン、心筋梗塞、脳卒中は、日本人の死亡原因の上位を占める三大疾病。

そのうち、心筋梗塞、脳卒中の原因となるのがコレステロールだ。

しかも、それには善玉と悪玉の2種類が存在し、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことが健康維持につながるともいわれている。

そのための食品も売られるほど、善玉はもてはやされ、悪玉は忌み嫌わる存在となった。

しかし、ここで、声を大にしてその風潮に異論を唱えたい。

「善玉も悪玉もない。コレステロールは1つなのだ。」

「え!?」と思う人がいるかもしれない。だが事実だ。

となると、「じゃあ、病気の原因になるのだから、コレステロールを減らせばいいんでしょ?」と考える人が出てくるに違いない。

残念ながら、それも間違いだ。

コレステロールがなければ人間は生きていくことができない。

そもそも、コレステロールとは何か。

人間の身体は、無数の細胞が集まってできている。

その細胞は、一定期間で古いものから新しいものへとつくり替えられてる。

皮膚の細胞であれば、約4週間だ。

そのためには、材料となる成分を常に用意しておく必要がある。コレステロールも、細胞を作るために不可欠な物質なのだ。

コレステロールが不足すると細胞を正しく作ることができなくなり、その結果で出来上がった弱い細胞は、ガンになりやすい。

また、コレステロールは紫外線を浴びることによって、カルシウムの摂取に必要なビタミンDを生成するための物質(前駆体)に変化する。

つまり、コレステロールが少ないと、カルシウムが不足し、骨が弱くなってしまう恐れがある。

コレステロールが嫌われる理由とは

そんな重要な存在であるにも関わらず、病気の原因としてコレステロールが目の敵にされるのはなぜだろうか。

細胞を作るために必要なコレステロールはリボタンパクというタンパク質によって梱包される。

コレステロールが宅配便の荷物だとすれば、リボタンパクは段ボール箱だと思えば分かりやすいかもしれない。

この宅配便が途中で活性酸素とぶつかると、リボタンパクの梱包が解かれて、血液中にコレステロールがばら撒かれてしまう。

ばら撒かれたコレステロールは、掃除機の役割を果たすマクロファージと呼ばれる物質が片付けてくれる。

だがばら撒かれた数が多すぎる場合、マクロファージだけでは足りず、血管壁にある平滑筋細胞が助っ人として登場する。

この時、マクロファージや平滑筋細胞がコレステロールやリボタンパクを取り込むことで発生するのが、アテローム(粥状隆起)。

このアテロファームが血管を塞ぐことで、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすのだ。

つまり、脳卒中の原因となるのは、コレステロールではなくアテロームなのだ。

さらに言えば、リボタンパクの梱包を破壊する活性酸素が問題なのである。

では、善玉、悪玉というコレステロールの分け方は、どこからきているのだろうか。

コレステロールを運ぶリボタンパクのパッケージには、肝臓から必要な部位に運ぶLDLと呼ばれる往路便と、不要になったコレステロールを肝臓に戻す復路便のHDLがある。

前述した通り、リボタンパクと活性酸素が衝突するとコレステロールが血液中にばら撒かれる。

この時にまず、リボタンパク内に一緒に梱包されているレチシンが、不要になったコレステロールを体外に排出する。

レチシンで処理しきれない分をマクロファージや平滑筋細胞が掃除するのだ。

つまり、レチシンの量が多ければアテロームは発生しない。

復路便HDLはレチシンを十分に含むが、往路便LDLには少量。

ここから、アテロームが発生しにくいHDLを善玉、発生しやすいLDLを悪玉と呼ぶようになったのだ。

病気を予防する『スカベンジャー』

脳卒中や心筋梗塞の防止には、リボタンパクの梱包を破壊する活性酸素を減らすのが一番。

活性酸素を減らす物質は『スカベンジャー』と総称され、体内で生成されるほか、ビタミンA、B2などを含む食品から摂取することもできる。

また、病院で処方されるコレステロール降下剤には、胆石ができやすくなる副作用があるので要注意だ。