コンテンツ

風邪を引いた時のお風呂

風邪を引いた時のお風呂の嘘

「風呂に入ってはいけない」は日本だけ

年齢・性別に関係なく襲いかかる、最も人間に身近な病気といっても過言ではない風邪。

特効薬もなく、治療については「栄養のある物を摂って、安静にしていることが大事」といわれる。

それとともに、注意すべきこととして、「風呂に入ってはいけない」ということも広く知られている。

これは、日本人なら誰でも知っている常識だろう。

風邪を引いたら、風呂には入らず、布団の中で横になって安静にするのが一番。

そう信じている人が大多数ではないだろうか。

おかげで、真夏に風邪を引いたりすると、汗で体中がベタつくのを我慢しなければならなかったりすることもあって、なかなか厄介だ。

ところがこの常識、日本以外では通用しないことをご存知だろうか。

西洋では風邪を引いても風呂に入るのが当たり前。

果たして日本と西洋、どちらが正しいのだろうか。

結論から言えば、西洋の常識が正解だ。

風邪を引いた時に風呂に入っても問題ない。

それどころか、身体の血行をよくして新陳代謝を高め、回復を促してくれる。

また、風邪で熱が出ると汗をかくが、風呂に入って皮膚を清潔にすることで発汗作用がスムーズになり、免疫力を高めることにもつながる。

だから、夏風邪を引いた時にも汗まみれの不快な身体で我慢する必要はないのだ。

ただし、気をつけて欲しいのは、熱い湯に入らないこと。

無理に熱い湯に入ると、体力を消耗し、かえって抵抗力を落としてしまう。

同じ理由から、長風呂も避けたい。

熱すぎずぬるすぎず、ちょうど良いくらいの湯で身体の芯までじっくり温まるのがベストだ。

出た後、湯冷めしないようにすることも大事だ。

風呂に入ることで血行が良くなり、汗を多くかくことになる。それにより免疫力や抵抗力が高まる。

「風呂に入ってはいけない」が広まった理由

ではなぜ、日本で「風呂に入ってはいけない」という間違った知識がまかり通るようになったのだろうか。

これは、日本と西洋の住環境の違いに由来する。

今でこそ家に風呂があるのは当たり前だが、歴史的に見て長い間、日本の住宅には風呂がなく、ある場合でも屋外というケースが一般的だった。

映画やテレビの時代劇、もしくは明治から昭和を舞台にした作品などで、そんな光景を目にしたことがあるだろう。

そんな状態で風呂に入った場合、母屋との行き来の間に湯冷めすることも少なくなかった。

さらに、木造建築で建てられた日本の家屋は隙間風が多く、保温性が低かったことも身体を冷やす要因となった。

少し前までは銭湯に通う人も多かったが、その場合はさらに身体を冷やすリスクが高まる。

つまり、風呂に入ること自体が問題なのではなく、入った後に湯冷めするとかえって体調が悪化するという理由から、「風呂に入ってはいけない」といわれるようになったのだ。

一方、西洋の住宅は石やレンガで造られており、保温性も高いため、そんな心配は無用。

これが、日本と西洋の入浴に対する考え方の違いにつながった。

今の日本の住宅環境は昔とは大きく変わった。

風呂は住宅内に設置され、保温性も格段に向上。暖房器具も完備されていることから、風呂を禁ずる理由はもはやなくなったのだ。

風邪を引いても、安心して風呂に入れることは分かった。

それでは、風邪を早く治すため、より効果的に入浴するにはどうしたら良いだろうか。

まず気をつけなくてはいけないのは、風邪を引いたら安静第一ということだ。

高熱が出たり、悪寒や倦怠感があったりするような体調が悪い時に、いくら血行促進などの効果があるからといって、無理に風呂に入ってはいけない。

また、いくら住環境が向上したといっても、湯冷めしてしまっては意味がない。

入浴する時は、極力体を冷やさないように浴室や脱衣所を温めておく、出た後は身体をすぐに拭いて早めに布団に入る、髪は完全に乾かす、などの配慮が必要。

さらに、入浴後は水分補給も忘れないようにしたい。

以上、入浴をうまく活用して、1日も早く風邪とはオサラバしたいものである。

治りが悪いと思ったら早めに病院へ

通常の風邪の症状であれば2週間程度で治るが、中には長期間続くものもある。

風邪の90%はウイルス感染が原因だが、長期間続く場合は細菌性の風邪やその他の病気の疑いも出てくる。

肺炎など命に関わる病気の可能性もあるので、いつまでも治らないと思ったら、早めに医師の診察を受けることをオススメしたい。