コンテンツ

真田幸村

真田幸村の嘘

武田家と深い縁を感じる本当の名前とは!?

戦国時代屈指の名将として有名な真田幸村。

2016年の大河ドラマ『真田丸』をはじめ、多くの人に親しまれている。

しかし、当の本人は生前「幸村」と名乗ったことがなかった。

この名前はあくまで明治時代以降に『真田十勇士』などの講談本がもとになって定着したものであり、本当の諱(実名)ではなかった。

真の諱は「信繁」であり、文書における署名も全てがこの名である。

信繁は武田家支配下となっていた真田昌幸の次男として、永禄10年(1567年)に甲斐の府中(現在の山梨県甲府市)で生まれている。

幼名を弁丸といい、元服して源次郎信繁を名乗った。

「信」の一字は武田信玄の俗名「晴信」から「信」の字を与えられたに違いない。そして「繁」の字をとったのは、川中島の合戦で戦死した勇将・武田典厩信繁(武田信玄の実弟)を意識してのことだろう

「典厩殿が兄の御屋形様を支えたように、兄の信幸(後に信之)を支えてほしい」との父・昌幸の願いがあったのではないかと推察される。

その一方、「幸村」という俗名が確かにあったことも、諸々の史料から分かっている。

しかし、その俗名の方があまりに広まってしまったため、江戸幕府編纂の系図資料集である『寛政重修諸家譜』でも、真田家の部分には幸村との名前で記されている。