コンテンツ

身分分け、士農工商

身分分け、土農工商の嘘

『可笑記』が語る世の中の四つの職業

ひと昔前まで、「江戸時代は士農工商の身分制度の時代」という説が唱えられていた。

武士が支配階級として身分の頂点にあり、農民は食糧かつ石高制社会の維持に必要なコメの生産者であるから武士の次にえらく、生活に必要な道具を作り出す職人がこれに次ぎ、モノを売り金銭を動かすだけの商人は一番下というものである。

しかし、実際はこうした階級の序列はなかった。

江戸時代初期の陽明学者・中江藤樹は、『翁問答』の中で「士は政の諸役をつとむる」とし、「農工商はおしなべて庶人のくらゐなり」と記していただけであり、農工商の序列には触れていない。

士農工商とは身分ではなく分け方に過ぎない。

これは江戸時代初期の寛永13年(1636年)頃に成立した仮名草子『可笑記』に「士とは奉公人、農とは百姓、工とは職人、商とはあきんどのこと。これ以外のものは何の用にも立たず、ただ鼠のごとし」とあることからも明らかである。

武士身分に生まれながらそれを捨てた者、逆に武士以外の身分に生まれたが金や功績などで武士身分を認められた者もいる。

士農工商の身分制度は、明治維新後に明治政府が前の時代をおとしめるために行ったプロパガンダの一つに過ぎなかった。

その説が人々の間に広く伝わってしまったため、間違った認識が定着したのである。