コンテンツ

小早川秀秋と西軍

小早川秀秋と西軍の嘘

秀吉の義理の甥にもかかわらず冷遇された秀秋

天下の分け目とされた関ヶ原の合戦での寝返り行為により、小早川秀秋は「卑劣な裏切り者」とのイメージが定着している。

しかし、秀秋の側に立てば裏切りは必然的行為だった。豊臣政権下において、秀秋は徹底的に冷遇されていたからである。

秀秋は秀吉の妻・寧々の兄の五男であり、秀吉にとっては義理の甥に当たる。

秀吉の養子となった当初こそ、秀次(秀吉の姉の子)に次ぐ関白継承者と目されていたが、秀頼が誕生すると秀吉から厄介者扱いされて小早川家に養子に出された。

小早川姓となった後、秀秋は領内統治で相応の実績をあげている。また、初陣となった慶長の役では、孤立した見方を救うため、先頭に立って突撃し多数の敵を打ちとるという勇将ぶりも見せた。

しかし、秀吉は石田三成による「大将自ら敵陣に突っ込むなど将器にあらず」という評価に同調し、領地を削減する体たらく。

秀吉没後に所領を回復できたが、その後も秀秋と三成の関係は修復できず、不和であった。

つまり、秀秋は徳川家康に義理はあれど、豊臣秀頼や石田三成に義理はなかったのだ。

秀秋が関ヶ原合戦に際して最初は石田方にくみしたのは、彼の領地が今の中国地方あたりで、他の西軍大名と領地が近かったため脅しをかけられていたせいとされる。

それゆえ秀秋は決定的タイミングで家康に味方したのである。