コンテンツ

家康のしかみ像

家康のしかみ像の嘘

しかみ像をめぐる新説は歴史学界でも注目

愛知県名古屋市にある徳川美術館に所蔵されている絵画に、通称「しかみ像」と呼ばれるものがある。

しかみとは「しかめっ面」の意。正式名を「徳川家康三方ヶ原戦役画像」と呼ばれる同画では、鳥帽子をかぶって太刀を佩いた武将が、組んだ足の上に肘を乗せ、手のひらであごを支えて唇をかんで悔しそうな表情をしている。

この画像は長いこと、「三方ヶ原の合戦で武田信玄に大敗した家康が、自身の軽挙妄動を戒めるため憔悴の様子を描かせた」と説明されてきた。

しかし、ここに至って「しかみ像と三方ヶ原での敗戦は無関係」する新説が、学芸員の原史彦によって提唱された。

この新説が発表されたのは平成27年(2015年)のこと。同美術館で行われた講演会においてである。

それによると同画は江戸時代の中期、尾張徳川家に嫁いできた紀伊徳川家の姫君の持ち物であり、もともとは礼拝用だったという。

姫の没後、尾張徳川家によって「御清御長持(家康ゆかりの品々を納める長持)」に収蔵されていた。

それが昭和11年(1935年)の徳川美術館で、「尾張家初代・徳川義直が父・家康の苦難を忘れないように描かせた」と解説され、いつしか「三方ヶ原の敗戦で家康が描かせた」うんぬんとして世間に流布・定着したという。

この新説は現在、歴史学界で注目されている。