コンテンツ

地検を始めた秀吉

地検を始めた秀吉の嘘

領国の経済力を把握するための検地

歴史の教科書でよく書かれているように、豊臣秀吉が天生10年(1582年)からはじめた「太閤検地」のイメージが強いせいか、秀吉=検地の創設者と思われがち。

しかし検地は他の戦国大名によってすでに行われていたことであり、秀吉がはじめたというわけではない。

各国の戦国大名が検地を行ったのは、自身の始める国の国力(=収穫高)をデータとして把握するためだ。

土地からの生産性が経済力に直結していた戦国時代、領地の経済的価値を客観的に把握することは、領国経営の上で不可欠なことであった。

検地で行われたのは生産高の集計である。農民による収穫量の自己申告から年貢率が決められ、土地を耕作する責任者も決められ、決定事項は検地帳に記された。

自己申告に基づくこの検地を「指出検地」と呼ぶ。

これにより領主は領国全体の経済力を把握するとともに、家臣個々の経済力も把握し、合戦に際しては経済力に見合った軍役の負担を求めることができるようになった。

つまり、検地は最大動員兵力をデータとして客観的に知る上でも必要だったのである。

秀吉が行った「太閤検地」は、全国規模で面積や容量の単位を統一し、役人が自ら出向いて検地を行った点が、斬新なものであった。

秀吉は検地の創設者ではなく、改良者であったのだ。