コンテンツ

IQ高い=頭がいい

『IQ高い=頭いい』は嘘

知能指数

通称:IQ(Intelligence Quotient)とは、数字で表した知能検査の結果の表示方式の一つである。

このIQの数値が高いほど知能が高い、低いほど知能が低いことを提示する。

そして世の中では、このIQが高い人間ほど頭がいいとされているのだ。

男性
男性
そりゃIQが高ければ頭もいいだろうよ。

では、今回はその真相に迫っていきたい。

うた
うた
IQテストって結構、難しいのよね。

頭がいいとは一体何か?

衝撃的な事実であるが、知能を計測するためのIQテストで高得点を取ることが、そのまま頭が良いということにはならない。

なぜなら、そもそも『知能とは何か』ということは分かっていないからである。

IQテストの創始者でフランスの心理学者、アルフレッド・ビネーの定義によると、知能とは…

知能とは

『判断力・理解力・批判力・方向づけ・工夫する力』などの総合力

とされている。

しかし、この説にも様々な反論があり、現代に至っても知能に対する明確な定義づけはされていない

女性
女性
そうだったの!?
きよら
きよら
明確な定義はないんです。

また、もともとIQテストは、これから教育を受ける子供たちが勉強についていけるかどうかを測るために作られたものである。

男性
男性
IQテストって子供のテストだったの!?
うた
うた
意外よね。

そのため、IQテストは少年少女の知能指数を判定するのには役立つとされている。しかし、成人の知能指数を測るにはあまり向いていない、とする説もある。

したがって、IQテストでは、環境への適応能力、基本的な精神能力、推理、問題解決、決断などが計測できるだけなのである。

それに、知能との関係が証明できない以上、IQテストの結果が『頭の良さ』に直結すると結論づけすることができない。

そして『頭が良い』という言葉には非常に多くの意味がある。

例えば、計算が早い、要領が良い、記憶力が優れている、など、様々な場面で曖昧な印象のもと語られることの多い言葉である。

「勉強ができるから頭が良いとは限らない」という言葉もしばしば耳にするが、これも同様の意味である。

学校の勉強はからっきしであったが、要領よく仕事をこなす人や、頭の回転が速く弁が立つ人はこの世にいくらでもいる。

それらをふまえて考えると、『IQが高い=頭が良い』という方程式が成り立つと考えるのは時期尚早な気が否めない。