コンテンツ

方広寺鐘銘事件

方広寺鐘銘事件の嘘

武士を諱(本名)で呼ぶことははばかれた

慶長19年(1614年)に起こり、翌年の「大坂の陣」のきっかけになった事件を方広寺鐘銘事件という。

事件勃発の要因となったのは、豊臣秀頼が同寺院を再建した際、梵鐘に「国家安康」の文言が記されていたことだ。

幕府はこれに対して「大御所の諱『家康』を二つに割るとは、呪詛の意は明白」と物申したのである。

幕府の物言いは「豊臣家をいずれ滅ぼそうと考えていた家康と幕府上層部は、開戦理由としてこじつけるため、鐘銘に言いがかりをつけた」とされてきた。

しかし、近年の研究でこの俗説は見直され始めている。

なぜかというと、武士にとって諱は非常に重要であり、他者がみだりに呼ぶことははばかれていたからだ。

このため通常は「源次郎」などの通称や、「左衛門佐」などの官職名で呼んでいた。

逆に偏諱といって、立場が上の者が自分の諱の一部を下の者に与える褒美もあった。

例えば、徳川秀忠の「秀」は豊臣秀吉が与えたものだ。

江戸時代の史料『摂戦実録』には、「国家安康」に対する五山僧(京都の著名な五寺院の僧)の見解が載せられている。

その中で呪詛については言及しないものの「好ましくないこと」という点で一致している。

つまり、豊臣方は家康に対して、物凄い非礼を犯してしまったのだ。

家康が激怒するのは、当時の感性からすると当然のことだったのかもしれない。

ちなみに現在、方広寺の鐘は国の重要文化財である。