コンテンツ

奈良の大仏

奈良の大仏の嘘

独立国家「坂東」の象徴だった!?

「奈良の大仏」とは、奈良時代の天平勝宝4年(752年)に開眼供養がなされた東大寺盧舎那仏像をいう。

インド人僧・菩提遷那が開眼導師を務め、聖武上皇・光明皇太后・孝謙天皇列席のもと、官人と1万人の僧が参列して行われた式典は、当時にあっては東アジア随一の仏教イベントであり、仏教立国として日本のありようを内外に示したものであった。

実は、この東大寺の大仏を模した仏像が、現在の千葉県市原市にあった。

造立したのは平安時代の初期を生きた坂東(関東の古称)武者・平将門である。

将門は10世紀前半から一族と争い、承平5年(935年)には伯父の国香を殺して所領を奪取した。

事件は一族内の争乱として処理されるも、将門が関東の国衙(朝廷の出張機関)を襲撃。

将門は、朝廷に重い負担を強いられて苦しむ関東人から支持を集めて、「新皇」を称して坂東を独立国家しようとした。

朝廷も黙っておれず、天慶3年(940年)将門を逆賊として討伐した。

これが「平将門の乱」と呼ばれる内乱の結末だ。

この内乱は同時期に起こった「藤原純友の乱」と合わせて「承平・天慶の乱」と呼ばれる。

仏像は将門が新皇を名乗って京を模した都を造った際に、造立されたと伝えられている。

独立国たる坂東の存在感を、各所にアピールする意図があったのだろうか。

将門以来、関東の奈良の大仏は何度か作り直され、現在は江戸時代後期造立の釈迦如来石像が建っている。