コンテンツ

悪法、生類憐れみの令

悪法、生類憐みの令の嘘

戦国の遺風を断ち切る政策

徳川幕府第5代目将軍・綱吉。

この人物に関しては、今まで以下のような言い方がされてきた。

「将軍に就任してから3年間は『天和の治』と呼ばれる善政を敷いたが、貞享年間以後に『生類憐みの令』という稀代の悪法を出した。この法律のもと、綱吉は犬を傷つけた者を死刑にするなど庶民弾圧の悪政を敷いた」

これは完全な誤りである。

「生類憐みの令」は当初、捨て子・捨て老人・捨て馬などに対する規制であった。

この頃は、まだ戦国の遺風によって殺伐とした空気が色濃く残っており、人も馬も役に立たなくなると野辺に捨てられ、江戸市中では「かぶき者」と呼ばれる無類の輩が横行し、所かまわず暴力沙汰を起こしていた。

「生類憐みの令」は、生きとしいけるものを大切にすることで、戦国の遺風を一掃しようとした政策の一環だったのである。

「生類憐みの令」に対する誤解の中で、犬が特にクローズアップされるのは、綱吉が野良犬対策に力を入れたからである。

綱吉の就任当時、江戸は野良犬の害に頭を悩ませていた。

横行する野良犬たちはゴミを荒らし、人を噛み、捨て子を噛み殺すこともあった。

野良犬の汚いキバで噛まれれば、傷が化膿して命に関わることもある。

野良犬対策は急を要していたのである。

綱吉が江戸近郊に開設した野良犬収容施設「御囲」は、江戸の人々を野良犬の害から守るためだった。

しかし、これが犬を過剰に保護しているように世間には映り、「犬公方」との揶揄が生まれた。

「法律を厳格に守り、国民に対して憐み深い君主」とは、元禄5年(1692年)、綱吉に謁見したドイツ人医師ケンペルの『日本誌』中の記述である。

ちなみに、東京都中野区、中野駅北口の区役所近くに、犬屋敷跡がある。

最盛期には約30万坪の敷地に、8万頭の野犬を保護していたと伝えられている。