コンテンツ

信長の鉄砲三段打ち

信長の鉄砲三段撃ちの嘘

三段撃ちの記載がない『信長公記』

戦国時代の天正3年(1575年)5月21日に、現在の愛知県新城市で行われた合戦を「長篠の戦い」と呼ぶ。

戦ったのは織田・徳川連合軍と武田軍である。

合戦は武田勝頼率いる武田軍1万5000が徳川方に属する長篠城を囲み、織田・徳川連合軍が長篠城救援のために駆けつけたことで起こった。

決戦地が設楽原であったことから「長篠・設楽原の戦い」と呼ぶこともある。

織田・徳川連合は3万8000であり、武田軍は3000を長篠城の押さえとして残し、1万2000で設楽原へと押し出した。

戦闘は早朝に開始され、約8時間にわたった。

この戦いで武田軍は山県昌景をはじめとする多くの勇将と熟練の兵士を失い、再起困難なほどのダメージを受けて一敗地にまみれるのである。

織田・徳川連合軍の勝利は、「3000挺の鉄砲による三段撃ちが功を奏した」と言われてきた。

三段撃ちとは、鉄砲を1000挺ずつ3列に並べて、1列ずつ入れ替わりながら射撃するやり方である。

自発装填に時間と手間のかかる火縄銃の弱点を克服した射撃方法であり、織田信長考案の画期的戦術とされた。

この三段撃ちは江戸時代初期の儒学者・小瀬甫庵の記した『信長記』中にある「鉄砲三千挺」「千挺宛放ち懸け、一段宛立ち替わり打たすべし」という記述がもとになって唱えられている。

ところが、『信長記』より古い『信長公記』には3000挺三段撃ちに関する記述は皆無であり、同書は信長関連の史料としては第一級とされる。

3000挺三段撃ちはあったのだろうか。

三段撃ちは現実的に無理がある

一見理にかなった三段撃ちであるが、実際には足軽に、かなり無理を強いるため不可能であった。

現在の研究では、「3000挺三段撃ち」は完全に虚構とされている。

まず、鉄砲の数。

実際は1000挺ほどであった。

これは『信長公記』も明記するところである。

「三千挺」と記すものもあるが、多くは江戸時代末期から明治・大正のものであり、太田牛一の十筆本や江戸時代初期・中期の写本には「鉄砲千挺ばかり」と記されている。

それでは1000挺を三段撃ちにした可能性はないのだろうか?

これは技術的にかなり難しいことが確認されている。

例えば、鉄砲を扱う側の体力の問題がある。

鉄砲を扱ったのは鉄砲足軽と呼ばれる軽輩の兵士だ。

軽輩といっても具足を着込み、刀を差し、重い鉄砲を手にして、更に火薬や鉛弾なども帯びている。

このような状態で入れ替わり立ち替わり、8時間も鉄砲を放ち続けることなど無理だと、時代考証家や火縄銃愛好家の実験により証明されている。

10回も移動すると、座り込みたくなるほどに疲れるというのである。

他にも、花火の問題がある。

鉛弾を込めて銃を撃つと、引き金の上に突き出た「火皿」や銃口から、かなりの花火が飛び散る。

この花火が鉄砲足軽たちの帯びている火薬に引火したらどうなるか?

密集隊形で鉄砲を撃つのは実に危険な行為なのである。

轟音も見逃せない。

火縄銃の発射音は極めて大きい。

密集隊形で鉄砲を延々と撃ち続けていたら、鉄砲足軽たちの鼓膜はみな破れてしまうのである。

設楽原での戦いの様子を『信長公記』は次のように記している。

「武田軍は一番目に山県三郎兵衛(昌景)が進軍の合図の推し太鼓を打って掛かってきた。しかし、鉄砲で散々にうち立てられ、引き退いた。二番目の逍遥軒に対しては、信長の指示通り、敵がかかってくれば退き、敵が退けば攻め、鉄砲で軍兵の大半を撃った時、逍遥軒は退却していった。」

武田方はこの後に、西上野の小幡一党など歴戦の勇士が繰り出してくるが、織田・徳川連合軍は、鉄砲による待ち伏せ射撃や、軍兵を揃えての集団戦術で応じ続け、軍兵を減らした武田軍が総崩れになるところに追撃をかけ、武田軍を散々に蹴散らしている。

長篠・設楽原で織田・徳川連合軍が武田軍に勝ったのは、兵力の差を活かして武田軍の波状攻撃を撃破し続け、武田軍を消耗と潰走に追い込んだからなのである。

戦国時代の主役は飛び道具

TVの時代劇や映画などの描写とは異なり、刀槍を手にした白兵戦は滅多になく、戦場での戦いは飛び道具が主体であった。

鉄砲が普及する前は弓矢や投石が多用されていた。

大人数が入り乱れての戦いになった時も、使われたのは槍が大半。

刀を抜くのは身を守らざるを得ない時や、手柄の証として敵の首を切り落とす時に限られた。