コンテンツ

元寇での神風

元寇での神風の嘘

忽然と姿を消した元軍艦隊

13世紀後半、中国大陸を支配する「元」帝国が日本侵略を企て、時の中央政府である鎌倉幕府が北九州でこれを撃退する事件が起こった。

日本史上にいう「元寇」である。

文永11年(1274年)10月の戦いを「文永の役」、弘安4年(1281年)7月の戦いを「弘安の役」と呼ぶ。

戦争は皇帝フビライ・ハン(モンゴル帝国創始者チンギス・ハンの孫)が朝鮮半島の国家「高麗」を服属させたのち、日本に朝貢貿易(属国となった上で貿易を行うこと)を求めた。

しかし、時の最高権力者である幕府執権・北条時宗が頑として要求を突っぱねたことで起こった。

元帝国は高麗王朝と連合し、大艦隊を編成して日本に攻め寄せてきた。

軍勢の数は文永の役が3万、弘安の役が14万。

武士たちは初めて遭遇する火薬・毒矢・集団戦術などに悪戦苦闘を強いられるも、なんとか元軍の撃退に成功し、異民族の侵略から日本を守ったのである。

今から30年くらい前まで、日本側が元軍を撃退できた理由として「停泊していた元軍軍船が大暴風雨に襲われて大損害を被り撤退につながった」との説がまことしやかにささやかれてきた。

この大暴風雨を戦前は「神風」と称し、「にはかに神風が吹きおこって、敵艦の大部分は沈没し、溺れて死ぬものは数えきれないくらいであった」と、大正時代の尋常小学校の教科書に記されているほどである。

「夜も明けぬれば、廿一日なり、明日に松原を見れば、さばかり屯せし敵もをらず、海のおもてを見わたすに、きのふの夕まで所せきし賊船一隻もなし」

これは『八幡愚童訓』が記す文永の役の様子である。

一読して分かるように、大暴風雨についての言及はない。

元軍艦隊は夜の間に忽然と姿を消したのである。

暴風雨に遭ったのは日本からの撤退時

文永の役で元軍艦隊が姿を消した理由について、元の歴史書『元史』の「日本伝」は「冬十月、遠征軍は日本に進攻して日本軍を打ち破った。しかし、官軍も統率を失い、また矢も突き、そのあたりを略奪し、捕虜を得ただけで帰還した」と記している。

一方、高麗の歴史書『高麗史』は次の旨を記す。

「高麗軍司令官・金方慶が戦闘の続行を主張すると、全軍を指揮する元の忽敦は『将兵の疲労はピークに達している。日本側の武力も増強される一方であり、戦いを継続するのは得策ではない』と答えた。そうした中、副将の劉復亨が流れ矢に当たって負傷した。忽敦は小舟に乗り込み、海上へと引き揚げた」

要するに、元側と高麗側の意見の相違や、兵士の疲労、副将の負傷などの要因が重なって、元軍艦隊は撤退したのである。

そして日本から帰る航海の途中、侵略軍は暴風雨に襲われる。

「会々、夜、大いに風雨す」とは『高麗史』中の記述であり、11月には日本側もこれを知った。

続く弘安の役では元軍は、日本軍と交戦の最中に大暴風雨に襲われた。

元軍艦隊の多くが沈没し、溺死する将兵も続出した。

西北九州の浦々に多数の死骸が打ち寄せられた様子を『高麗史』は、「屍は潮汐に従って浦に入り、浦これがために塞がり、践み行くをえたり」と伝える。

上を歩いて行けるほど、浦々に死骸が累々と横たわっているというのである。

暴風雨は紛れもなく自然現象である。

この自然現象がなぜ「神風」になったのだろうか。

大きな理由は、「敵国調伏」を祈願していた公家や宗教関係者たちが、「自分たちの願いが通じ、神が風を吹かせて敵を追い払った」と真剣にお思い込んだことによる。

こうした意識はすでに文永の役の翌年には萌芽しており、健治元年(1275年)に書かれた『薩藩旧記』中に「神風が吹き荒れて、敵の多くが命を失った。これは霊神の征伐であり、観世音菩薩の加護によるものだ」と記されている。

元軍艦隊が帰途に暴風雨に遭ったにも関わらず、である。

この誤った認識が日本は神によって守護されているとする考え、つまり「神国日本」という観念を発生させた。

この観念が歴史の中で増幅され、昭和16年(1941年)に勃発する太平洋戦争において、「神風特別攻撃隊」を出現させる要因となるのである。

3次4次侵略を企てるが挫折した

フビライ・ハンは2度の失敗にも懲りずに3次4次と矢継ぎ早に日本侵略計画を立てた。

しかし、3次進攻の準備の最中、元の占領下にあった現在のベトナムで反乱が起こり、兵力を鎮圧に向ける必要に迫られた。

4度目の計画では、戦争に駆り出されるのを嫌がる人々が反乱を起こし、2度の頓挫により、フビライは日本侵攻を諦めた。