コンテンツ

人は自由に決めている

人は自由に決めている嘘

我々人間は物事を本当に自由に決めているのだろうか?

例えば、あなたの大好きなショッピング。休日の街に出かけ、お買い物を楽しむ。最先端のトレンドファッションが立ち並ぶ渋谷109しかり。

その時、あなたは自分で欲しい洋服を決めているだろうか?

女性
女性
当たり前じゃない!!
女性
女性
自分で欲しいものを決めてるわよ。

しかし、人間には自由意志というものが存在しないという。

例えば、今日の朝、寝起きに飲み食いした朝食に、今履いている靴下の色に至るまで…

全て人間は自分の意志で決めていないのである。

きよら
きよら
これはちょっと驚きだな…。

7秒前には決まっている

「人間には自由意志があるのか?」と聞かれて、「ない!」と答える人は、きっといないはずだ。

しかし、人間の自由意志というものは存在しない、というのが最近の学説で証明されているというのだから驚きである。

女性
女性
それ、どういうこと?

1980年代に、アメリカのベンジャミン・リベット博士の研究で、人間の意志決定の『0.55秒前』に脳が活動を始めていることは既に分かっていた。

その後、科学技術の発展により、脳内の活動がより精密に観測できるようになると、更に驚くべき事実が判明した。

脳科学者の池谷裕二は自由意志の存在を確かめようと、被験者に好きな時に手を動かしてもらい、その時の脳を観測するという実験を行った。

その結果、『いつ手を動かすかというタイミングは、被験者が実際に手を動かす7秒前には知ることができる』という事実が判明した。

池谷博士はこの実験で4つのパラメーターを観測しようとした。

『動かそう』という意志、『動いた』という知覚、実際に動かす前の脳内での『準備』と動かすための『指令』

この4つがどの順番でなされているかを考えた時、普通はまず『動かそう』という意志が働いてから、脳の『準備』が始まると考えるだろう。

しかし実際には、脳の『準備』があってから『動かそう』という意志が働いていることがこの実験で観測された。

そして、その『準備』は7秒も前に始まっていることも合わせて分かった。

手首を動かすなどという単純な動きすら、我々の意志より先に脳内では確定され準備されている。

このことから、我々が自由意志と呼んでいるものは存在しないと考えるほかなさそうである。

実験前の予測

意識レベル

『動かそう』→『動いた』

無意識レベル

『準備→指令』

うた
うた
こう考えるのが普通よね。
池谷裕二による実験結果

①準備

②動かそう

③動いた

④指令

きよら
きよら
しかし真実はこうだった。

つまり、自分の意志で動かそうとする7秒前に、脳内では既に準備がされていたという訳である。

男性
男性
へぇ〜そうなんだ。