コンテンツ

雑学の嘘!世界史の授業で習った知識それ本当!?

きよら
きよら
いらっしゃいませ、お客様。

KIYORA Group『社会人のための勉強サイト』笠聖と申します。

学生時代から世界の歴史が大好きなそこのあなた…

歴史書や教科書に載っていた過去の物語を我が目で見てきたように語るの大好きなそこのあなた…

あなたが信じてきた歴史についての知識は本当に真実でしょうか?

男性
男性
おいおい、ナメてんのか?
女性
女性
私の知識にいちゃもん付ける気?

技術は日進月歩、それは歴史の領域にしても例外ではない。

つまり、新たに判明した内容、あるいは実は間違っていた内容が、不確かな歴史の分野には転がっているのです。

そして、もしも万が一にも、信じてきた常識が実は…嘘っぱち、だったなんてことになったら、恥ずかしいですよね。

今回は世界史に焦点を当てて、様々な雑学のをご紹介していきたいと思います。

きよら
きよら
では有名どころから。
マリー・アントワネットの言葉

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

これは有名なマリー・アントワネットの言葉とされている。

しかし、本当はこんなこと言っていないのだ。

この言葉は、ルソーの『告白録』第6巻の中の大公夫人の言葉とされているが、このエピソードは1740年頃の話。

その頃、彼女は9歳であり、この人物である可能性は極めて低い。

うた
うた
私はガリレオね。
天文学者ガリレオ・ガリレイ

中世イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが、宗教裁判の中で地動説を否定された後に発した言葉。

「それでも地球は回っている」

実は、これは後世の伝記作家の創作とされている。

また、彼の弟子が、地動説の宣伝効果を狙って創作したものとする説もある。

きよら
きよら
次は宇宙から。
宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリン

「地球は青かった」

これは、ソ連の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンが初めて宇宙から地球を見た時の発言として有名な言葉だ。

しかし、これもまた正確ではないとされている。

「空は暗く、地球は青みがかっていた」

というのが正確な発言であり、それが詩的に簡略化され、人々に伝わってしまったようだ。

男性
男性
歴史は何が真実かなんて分からないよな〜。
きよら
きよら
本当にそうですね。

『常識=真実』とは限らないのです。常識とは多数が信じていることであり、真実ではないのです。

これから先は、更に衝撃的な事実を、あなたにお伝えすることになるでしょう。

男性
男性
そりゃ楽しみだな。

きっと雑学好きなあなたの知的好奇心を掻き立てること間違いなし、と自負しております。

そして今回、あなた自身の知識のアップデートを、ご堪能して頂ければと思っております。

では早速、我が物顔で世の中を群遊闊歩するペテンの数々をご紹介していきます。

きよら
きよら
盲目的に信じるのは危険。
うた
うた
全くその通りね。

『サブリミナル効果』に『トラウマ理論』など学者や研究者が提唱した学説…

『四大文明』『信長の鉄砲三段撃ち』など学校で教わった知識…

『デトックス』『糖質制限ダイエット』など流行りの健康食事法…

これらの知識や情報はすでに誰もが知る常識になり、もはや知らないなどと口にすれば馬鹿にされるレベルの代物です。

しかし、これら常識を過去の産物とするほど、人類の進歩の速度は年々上昇し目覚ましいもの。

例えば、単純労働のロボット化にAI(人工知能)実用化、現代はSNSや経済が幅をきかせる変化の激しい時代なのです。

携帯電話、通称『ガラケー』を使っていた時、誰がLINEでチャットしている自分の姿を想像できたでしょうか。

うた
うた
日々人類は進化してるってわけね。

科学技術の発展や、新事実の発見により常識の中にはすでに間違っていると証明されたものが多々あります。

そして今回は、ずっと信じてきた常識がであった、という衝撃をあなたにご堪能して頂きたいのです。

あなたの常識はたった今アップデートされる。

きよら
きよら
知識は常に最適化しておこう。

まとめ

今回は『世界史の嘘』にスポットライトを当てて様々な雑学の嘘をあなたにお伝えさせて頂きました。

きっと今回ご紹介させて頂いた項目の中に、あなたが信じていたのに実は嘘だった内容が一つはあったでしょう。

男性
男性
人は猿から進化したんじゃないのか。
女性
女性
もしかしたらゴキブリから!?
きよら
きよら
テラフォーマーズですね。
うた
うた
ちょっと…。

そして、今回の知識の最適化がきっと今後のあなたの発展と繁栄の礎となることでしょう。

物事の真実、それは時代とともに変化していき、また視点を変えればその姿も変えるものなのでしょう。

今後も雑学の嘘についてのコンテンツをご紹介してきますので、ぜひお見逃しなく。

そして、もしも間違っている知識をひけらかしている人があなたの目の前に現れたら、角が立たないように教えてあげるのも一興でしょう。

あるいは、嘘だと知りながらも、あえてそれ自体を楽しむというのも、それはそれで粋なのかも知れません。

正直、何が正しいのかなんて誰にも分からないことなのでしょう…。

こんなお話をすると、いわゆる常識などという代物は信用のおけない化物のような気がしてきますよね。

ぜひ、あなたはその化物にくれぐれも喰われないよう、ご注意を…

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

きよら
きよら
あなたに素敵な学びが訪れますように。

KIYORA Group創設者

笠 聖(りゅう きよら)

うた
うた
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。
うた
うた
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!