コンテンツ

電球を発明したエジソン

電球を発明したエジソンの嘘

 

エジソンに呑まれた真の発明者とは

発光ダイオードと利用したLED照明や、蛍光灯が普及する以前、電灯といえば白熱電球が一般的であった。

現在でも屋台などの照明で目にすることがある。

この白熱電球の発明者をアメリカの発明王トーマス・エジソンとする見方が常識化しているが、これは嘘。

本当の発明者はイギリスのジョセフ・スワンである。

19世紀後半、白熱電球の発明は何人かによって行われていたが、低い電力で安定して発光させ続ける点が課題であった。

そうした中、スワンが木綿糸を使って条件にあったフィラメントを開発し、更にフィラメントを包み込む電球の改良にも成功する。

これにより発熱電球が灯る時間は飛躍的に延びた。

1878年、スワンは自身の発明の成果を世間に発表し、発熱電球実用化の土台が築かれたのである。

エジソンが電球開発に参入したのは、1877年のことで、カナダから炭素フィラメントに関する特許を購入した上で、開発に着手した。

1879年10月には炭化させた紙をフィラメントとした電球を開発し、1880年には、日本の竹をフィラメントに使った電球の発明に成功。

この電球は1200時間も灯り続けた。

スワン、エジソンとも電灯会社を設立していたことから、電球発明の特許をめぐって何度か法廷闘争を繰り返した。

しかし、協力し合うのが得策と判断し、1883年にはエジソン・スワン電灯会社を設立。

エジソンの特許が失効する1893年まで、同社が電球製造を独占した。

エジソンが電球発明者として認識されたのは、エジソンの宣伝上手によるもので、電球発明者はあくまでもスワンである。

途中から電球の開発に参入し、後に発明者としての名声まで得るのは、エジソンの才覚によるものであるだろう。