コンテンツ

電話を発明したベル

電話を発明したベルの嘘

ベルは先に特許を取得しただけ

今やほとんどの家庭に普及している電話。

さて、この電話の発明者は、一般的にはアメリカのグラハム・ベルと考えられている。

ベルが完成したばかりの電話を使い、「ワトソン君、ちょっと来てくれたまえ」と助手を呼び出したのは広く知られているエピソードである。

しかし、ベルはあくまでも電話の特許を最初に取っただけであって、電話の発明者ではない。

ベルと同時代、また、それより以前に電話を発明した人がいたのである。

同時代の発明者としては、アメリカのイライシャ・グレイと、トーマス・エジソンが知られる。

グレイはベルより特許申請が2時間遅かったため、発明者の地位を逃した。

エジソンはベルやグレイよりも1ヶ月前に電話の特許申請を出していた。

しかし、書類に不備があって受理されなかった。

受理されていればエジソンが電話機の発明者として名を残したはずである。

ベル、エジソン、グレイより先に電話を発明したのは、ドイツの物理学者フィリップ・ライスである。

ライスが電話を発明したのは、上記の3人が特許申請をするより15年も前である。

マイク、スピーカー、電線をセットし、人工鼓膜を振動させて、お互いの声を伝えるというものであり、ライス自身はこの電話を「テレフォン」と名付けていた。

ギリシャ語で「遠い声」を意味する語である。

ライスはドイツで電話を発表したが、母国は見向きもしない。

改良を重ねている最中、ライスがこの世を去ったのは、ベルたちの特許申請の2年前であった。

また、2002年、アメリカ議会は、1854年に電話の試作品を完成させていたイタリアのアントニオ・メウッチを最初の電話発明者とする案を採択した。

電話を発明した人物は何人もいたが、その中で世の中に初めて認められたのがベルだけだったのである。