コンテンツ

新大陸発見コロンブス

新大陸発見コロンブスの嘘

北欧のヴァイキングが先に見つけた

15世紀、ポルトガルの海洋進出を契機に、ヨーロッパ各国がアジアへ進出する大航海時代が幕を開ける。

この時、イタリアの都市国家ジェノバの出身(諸説あり)とされるクリストファー・コロンブスは、スペイン王国の支援のもと、大西洋を西へ横断してアジアへ到達する航海に出た。

目指すは13世紀末にマルコ・ポーロが『東方見聞録』で記した「黄金の国ジパング」だ。

2ヶ月あまりの航海の末、船隊は陸地に到達する。

コロンブスは「アジアに到達した」と信じ込んだが、たどり着いたのは南北アメリカ大陸だった。

この大陸はヨーロッパの人々から「新大陸」と呼ばれ、彼らは続々とこの大陸へと進出していった。

こうした経緯で、「新大陸に最初に到達したヨーロッパ人はコロンブス」との考えが常識化した。

しかし、近年の調査により、この常識は覆った。

コロンブスの500年前、北アメリカ大陸に到達していたヨーロッパ人がいたのだ。

それは北ヨーロッパの「ヴァイキング」と呼ばれる人々だ。

時に海賊行為も働く武装交易商人であった彼らは、アイスランドやグリーンランドに植民をした後、更なる植民地を求めて進出し、11世紀の初め頃にレイフ・エリクソンが北アメリカ大陸に上陸した。

最初の上陸地はカナダの東南地方、現在のラブラドル海岸あたりと考えられている。

エリクソンは一冬を過ごした後、グリーンランドのヴァイキングたちは、北アメリカに進出して植民を始めた。

植民地は先住民との抗争の激化により放棄されるも、1960年に北アメリカのニューファンドランド島で彼らの居住地跡が発見され、「コロンブスが初めて新大陸に到達した」との説は覆った。

自分が到達するより500年も前に到達したヨーロッパ人がいたとは、コロンブスも思わなかっただろう。