コンテンツ

キリストの誕生日

キリストの誕生日の嘘

新約聖書には書いてない

ナザレのイエスによって興された宗教をキリスト教と呼ぶ。

キリストとは救世主の意である。

神の愛や、「神の国は神を信じる人の心の中にすでに来ている」などの教えを聞いた人々が、ナザレのイエス=神がつかわしたキリスト(救世主)と認識したことで広まった。

さて、毎年12月25日のクリスマス。

前日のイブの夜にはパーティーや教会でのミサなど、様々なイベントが行われる。

クリスマスを祝うのは一般的には「イエス・キリストの誕生日だから」とされているが、実はこの日はイエスの誕生日ではない。

それでは正しい日付は、となるが困ったことにはっきりとした日付が分からない。

キリスト教の聖典で2世紀の初めに成立した『新約聖書』にも、イエス誕生の日は記されていないのだ。

私たちはイエスの誕生日でない日を誕生日と信じて、毎年お祝いをしているのである。

イエスの誕生日については、研究者によって様々な説がある。

ある研究者は『新約聖書』中の「羊飼いがイエスの誕生を祝ってから、外の羊の見張りに戻った」という記述から「4月から9月の間では」と推測している。

この時期には羊の放牧が行われるからである。

また、ある研究者は『新約聖書』が記す天文の動きに着目し、「9月15日」と指摘する。

イエスの誕生日の推測と並んで、もう1つ謎がある。

なぜ12月25日がイエスの誕生日にされたか、という点だ。

これは太陽の誕生日との関連で考えられている。

キリスト教普及前、ローマでは「ミトラ教」という宗教が流布していた。

この教えでは12月25日を太陽の誕生日としてお祝いをしていた。

これが後世、イエスの誕生日と結びついたらしいのである。

キリストの誕生日が12月25日出ないことは確かだが、はっきりとした日付に関しては未だ謎に包まれている。