コンテンツ

右脳人間と左脳人間

右脳人間と左脳人間の嘘

いきなりだが一つ、あなたに質問させてほしい。

「あなたは左脳派だろうか、それとも右脳派だろうか?」

男性
男性
俺は数学が得意だから左脳派かな。

きっとあなたも一度は、自分が左脳派なのか、それとも右脳派なのかについて考えたことがあるはずだ。

これまで信じられてきた右脳と左脳の働きでは、話す書く、分析力、論理的思考、推論、計算や数学的理解力、言語認識は左脳。

また、ひらめきやイメージ記憶、芸術性や創造性、マルチタスク、全体把握力は右脳の方が左脳よりも秀でているとされてきた。

平たくいえば、右脳人間であれば芸術系などと言われ、左脳人間であれば論理的思考などと言われる。

では今回、その左脳人間と右脳人間の真相に迫っていく。

うた
うた
うーん…私は芸術系かしら。

分離脳実験で明かされた脳機能

芸術肌の人は右脳人間、理屈っぽい人は左脳人間である。

あなたもこのような類いの話を聞いたことがあるだろう。しかし、残念ながらこれも間違った理論だったのである。

男性
男性
え〜俺これ信じてたのに…。

そもそもこの説は、アメリカの神経心理学者で、分離脳実験の業績が評価され、1981年にノーベル生理学賞を受賞したロジャー・スペリーの発言が発端で生まれた俗説に過ぎないものである。

もともと脳は、右の視野の情報を左脳で、左の視野の情報を右脳で処理している。

右脳と左脳を繋ぐ脳梁という神経繊維のネットワークが、それぞれの情報を交換することで、混乱に陥らずに済んでいる。

しかし、この右脳と左脳を繋ぐ架け橋的存在である脳梁なのだが、てんかんの治療では、患者の病状が回復することがあるため、脳梁の一部を切断することがある。

ネットワークを失った右脳と左脳、この状態のことを分離脳と世間一般では呼ばれている。

この患者達に目をつけたスペリーは、彼らを調査することで、右脳と左脳の秘密がわかるのではないかと考え、実験を行った。

患者達は、左半分の視野では何を見ているのか分からなかった。

なぜなら、これは言語を司る機能が左脳にしかないためであり、右脳で得た情報は、脳梁を通して左脳に送られなければ、言語化できずに消えてしまうからであった。

しかし、脳梁をなくした患者達は、今触っているものが何であるか、ということを答えることはできなかったが、物をつかむことはできた。

そして、物をつかんでいるという感触も確かに感じているようだった。

この分離脳実験により、スペリーは左脳と右脳を繋ぐネットワークを失った脳でも、それぞれの脳が独立して働いており、またそれぞれ異なる機能を司っているという結果を得た。

左脳派・右脳派の説は覆された

スペリーはこの分離脳実験から得た、脳は左脳と右脳によって機能が違うという説を世間に大々的に発表した。

そして、その功績によりノーベル賞を受賞した。

自説の発表に際して、スペリーは「短絡的に考えるのは危険である」という注釈をつけたが、大衆はこの考えに飛びついた。

うた
うた
世間様は注釈なんて無視ね。

その後、次第に拡大解釈と単純化が一般大衆の間で進み、「左脳=理論的」「右脳=芸術的」という方程式がいつの間に完成した。

そして、世間に広まっていくのにそう時間が要さなかった。

確かに、分離脳実験により、右脳と左脳が異なる機能を司っていることは明らかとなった。

しかしそれは、そのまま右脳人間、左脳人間がいるということを意味するわけではない。

ユタ大学のジェフ・アンダーソン博士は、7~29歳の被験者1011名の脳をスキャンした結果を科学雑誌『プロス・ワン』に発表した。

これは安静状態の被験者の脳内の血流を調べる実験で、子供、大人、男女、様々な人を調査することで右脳人間、左脳人間というものが本当に存在するのか、徹底的に調べるものであった。

実験結果

言語機能が左脳、注意機能が右脳に分かれていることは事実だが、どちらか片側の脳内ネットワークが優勢に使われている事実はなく、左右の脳の使用量に偏りが見られる、といった例もなかった。

この実験から「右脳人間・左脳人間」という分類が無意味であることが証明された。

『脳10%理論』でもお話したが、脳は情報処理に当たって、どこか一つの領域だけを使用するわけではなく、様々な領域と連携して処理に当たっている。

つまり、メインで働いている領域があるだけなのだ。「右脳人間・左脳人間」の説もそれと同じことなのである。

言語処理には主として左脳が使われるが、その際にも右脳と連携して処理に当たっている。空間認識など右脳が処理する分野に関しても同じことが言える。

2007年、OECD(経済協力開発機構)が『脳からみた学習』という書籍の中で「脳10%理論」や「左脳派・右脳派」など、世間で信じられている神経神話の危険性に警鐘を鳴らしていた。

しかし、「右脳人間・左脳人間」も未だに世間では常識と思われている説である。

男性
男性
ちょっとガッカリだな。

男脳と女脳の神話

男性と女性で脳の得意分野が異なるという話もよく聞く話である。

例えば、男性は論理性に優れており、女性は言語が得意などといったものである。

しかし、イスラエルの大学が1400人の脳を調査したところ、それぞれの性別が有しているはずの特性を全て持つ脳は存在せず、ほとんどの脳はその中間型である、という結果であった。

きよら
きよら
これもまた幻想にすぎない、というわけか。