コンテンツ

人は猿から進化した

人は猿から進化した嘘

どう転んでも猿は人間にはならない

「人類の起源は?」と問われれば、大抵の人は「猿から進化した」と答えるだろう。

「その根拠は?」と問われれば、ほとんどの人が「チャールズ・ダーウィンが著した『種の起源』に記されているから」と答えるだろう。

チャールズ・ダーウィンは、イギリスの自然科学者である。

1831年から1836年にかけて、ビーグル号で世界一周の航海をし、その最中に寄港先各地で様々な動植物を目にした。

当時、常識化しつつあった種の不変性に疑問を感じ、動植物相にも変化があり、気候や生息地域の影響を受けて進化適応しているのではないか、とチャールズ・ダーウィンは考えるようになった。

そして、研究に研究を重ねた末、1859年に『種の起源説』を著して進化と種の分化についての理論を提唱するのであった。

チャールズ・ダーウィンは『種の起源説』の中で、「人は猿から進化した」とは一言も言っていない。

彼ばかりでなく、後世の学者だってそんなことは言っていない。

それなのに私たちは、何の根拠もない妄説を信じ込んでいるのである。

チャールズ・ダーウィンが『種の起源説』の中で提唱したのは、「猿と人間の間には共通の祖先がいる。猿と人間はその祖先から枝分かれして、それぞれに進化した」という論である。

考えてみれば分かる。

猿が進化して人になったとするならば、全ての猿は人になり、猿がいなくなってしまうはずである。

しかし、現実にはそういうことはなく、猿は猿のままで生きている。

その上、一向に人間になるような気配を見せていない。

人は人で猿は猿であり、猿が人に進化したのではない。

集団ヒステリーが生み出した代物

それではなぜ、「人は猿から進化した」などという大嘘が定着してしまったのだろうか。

これには複数の理由がある。

まず、19世紀の学界での考え方が1つだろう。

チャールズ・ダーウィンの提唱した理論を裏付ける研究や、人類学が未発展であったこともあり、当時の学界では人類の系譜を直線的に捉えがちであった。

言い換えるなら、人類の起源を一連の整然とした変貌で捉えていたのである。

この捉え方のもと、人の進化の過程は様々な図式で紹介された。

例えば、一番下の猿から、階段を1段上がるごとに現人類に近づく表し方があった。

他には直立するにつれて体毛がなくなり、人類の姿に近くなっていくように描かれた絵のようなものもあった。

難しい理論はさておき、視覚で得られる情報は強く印象に残るものだ。

進化の過程を直線的に理解し、且つ、その理解のもとに作られた図が長い間、私たちの前に提示されていたため、「人は猿から進化した」という誤った情報が定着してしまったのである。

近年では、動物行動学の権威で、人間を動物の一種として捉えていたイギリスのデズモンド・モリスの影響も大きいかもしれない。

1967年に著した『The Naked Ape(邦題:裸のサル)』は、動物としての人間の在り方を述べた書物であり、キリスト教圏で大きな物議をかもしつつも、世界的ベストセラーとなったのである。

集団ヒステリーの声が大きく、マスコミがその声をセンセーショナルに取り上げ続けたことも、「人が猿から進化した」という嘘の定着に一役かった。

実は、キリスト教信者の中には、聖書の記述=史実と考え、「人間は神が創造した」と考える人たちが少なくない。

チャールズ・ダーウィンが『種の起源説』を著した時、彼らは著作をまともに読まないまま、「人が猿から進化したはずがない」とチャールズ・ダーウィンを責め立てた。

特に新聞報道が『種の起源説』の主題を「人は猿から進化した」論と決めつけ、大々的に報道した。

これにまた著作を読まない人々が呼応して声をあげたため、いつしか誤った常識が定着してしまったのである。

創造論者は現代でもチャールズ・ダーウィンと進化論の攻撃に熱心であり、ことあるごとに非難の声をあげている。

創造論者が流すデマとは

創造論者の中には、「進化論は学会で公式に否定された」と主張する人もいる。

具体的には「1980年のシカゴ会議でダーウィンの理論が公式に否定された」とするものだ。

しかし実際に議論されたのは進化論の修正・拡張に関するものだった。

アメリカ南部では、学校で進化論を教えることについての対立が、現在でも続いている。