コンテンツ

エアコンの節電

エアコンの節電の嘘

自動運転にしたままが一番の節電

夏の節電対策、エアコンの節電といったらまず「部屋が涼しくなったら、こまめにスイッチを切る」ことが思い浮かぶだろう。

普通に考えてエアコンはずっとつけておいたままの状態と、こまめに切った場合では、後者の方が節電できると考えるはずだ。

しかし、実はこまめに切った方が、つけっ放しよりも電気を消費してしまうのだ。

(財)電力中央研究所・システム技術研究所が、エアコンの連続運転と間欠運転による室温と消費電力の推移という実験を行った。

この実験では、最初にエアコンをつけて自動運転にしていたものと、30分おきに5分間運転を停止したもの、この2つの消費電力を比較した。

そして、この実験を通して、一度エアコンを切って運転を再開した時、消費電力が顕著に上昇することを突き止めた。

エアコンは運転する時に運転時よりも多くの電気を消費するのだ。

よって、一度つけたエアコンは部屋が冷えたと感じたら、運転を切らずに設定温度の調節をした方が良いのである。

また「弱風」や「微風」にして少しでも節電しようとする人もきっといるだろう。

しかし、これも間違いだ。

弱風や微風だと部屋が涼しくなるまでに時間がかかってしまい、かえって電気の無駄遣いとなる。

こうした場合、最も節電になるのは「自動運転」モードで部屋の温度を設定温度にさせることなのだ。

更に、手入れで節電が可能になる。

エアコンのフィルターにホコリやゴミがたまると、冷房効果が弱まってしまい、最大25%の無駄遣いになるようだ。

フィルターの掃除こそ、こまめに2週間に1回はやった方が良いのだ。

室内熱中症も増えているので、無闇に温度設定を上げることはあまり推奨されない。

しかし、1℃高めにすると約10%の節電になることも合わせて記憶の片隅に格納しておいてほしい事実である。