コンテンツ

田舎暮らし=ロハス

田舎暮らし=ロハスの嘘

田舎の方がエネルギーを消費する

あなたは『ロハス』という言葉をご存知だろうか。

ロハスとは

地球環境保護や健康への意識が強い人のライフスタイルを指す言葉である。

ロハスは、スローライフと同じような意味で使われる。

このロハスという言葉が広がり始めた頃より、日本では田舎で暮らす生活スタイルが、エコでロハスであるといわれるようになったようだ。

だが田舎暮らしの方が都会での生活よりもエネルギーが多くかかってしまうのである。

田舎に暮らすと隣町まで何キロも車で行かなければならない。

電線を引くのも、長距離に電柱を立てて導線を引くとなると送電ロスも多くなる。

水道やガスに至っても話は同じである。

日本では全国どこでも電気代はさほど変わらないので、送電ロスで多くの電気を使っている地方を都会の人たちが援助しているのが本当のところなのだ。

実は、全体の約半分は、都会の人たちが負担しているといわれている。

田舎暮らしとはいえ、電気も水道も都会暮らしと同じように使い、ちょっとした買い物も自動車で移動することになる。

つまり、田舎に住むが故に、かえってエネルギーを使うことになるので、この暮らしぶりがロハスだ、エコだ、とは決して言えないのである。

「アメリカ人が日本人の倍エネルギーを消費しているわけは、生活習慣もあるが、各家が大きく離れていることが大きな要因」といわれているのもこのことからだ。

それでは本当のエコな暮らしとは一体どのような暮らしのことを指すのだろうか。

それは、食糧は自給自足して電力は自家発電で済ます。水は井戸、トイレは汲み取り式、火も薪でおこす暮らし、となる。

そして、自動車に決して乗らないという項目もこれに追加されるだろう。

この生活スタイルをあなたは望むだろうか。