コンテンツ

太陽電池

太陽電池の嘘

太陽電池は通常の8倍コストがかかる

太陽の核融合エネルギーは電磁波として宇宙に放出される。

その電磁波は毎秒3.8×10の26乗Jであり、約50%が赤外線、約40%が可視光線、約10%が紫外線となっている。

地球が太陽から受けるエネルギーはその約22億分の1でしかない。

言うまでもないが、地球上のほぼ全ての自然エネルギーは大本は太陽エネルギーである。

更に、太陽は半永久的に存在するために、無限の可能性を秘めたエネルギー源だと思われている方もきっと多いだろう。

しかし実際のところ、地球上で太陽の光エネルギーを直接的に利用しようとすると、非常に弱いエネルギーであることが分かるのだ。

例えば、日本人1人あたりのエネルギーの消費量は太陽などの自然エネルギーの約2000倍は必要であるといわれている。

今後の技術革新でその効率が10倍になったとしても、200分の1しか補填することしかできない。

将来的にどんなに素晴らしい太陽電池を開発したとしても、現在のような大量消費されるエネルギーをまかなうまでにはどうやらいきそうもないのである。

国では太陽光発電の推進のために補助金を出しているのだが、国の試算によると太陽電池での発電は、現在使っている電気の8倍のコストがかかる。

日本の技術力をもってしても8倍なのだから、どれだけ効率が悪く、エネルギーの無駄遣いとなるかは明らかである。

補助金を出してまで推進する意味が本当にあるかといわれるのも当然のことだ。

国が太陽電池発電の推進、研究に補助金を出すのは、ドイツがやっているから無条件に良いという風潮があるとの指摘もある。