コンテンツ

石油は枯渇する

石油は枯渇するの嘘

今後8000年は使用可能!?

「石油や石炭はあと40年で枯渇する…」といわれて久しい。

10年前にも40年前だと聞いたし、20年前にも40年と聞いたと思うのだが…。

石油がどのようにしてつくられるのかというと、生物が生きている時、取り込まれた炭素が死ぬと大気に放出される。

そして、大気の酸素と結びついて二酸化炭素に戻る。

これが通常の過程である。

しかし、炭素を取り込んだまま死骸となって海底などに埋まってしまうものがあり、これこそが石油の原料となる。

太古の時代と比べて二酸化炭素が減り、酸素の割合が増加したということは、炭素を取り込んだまま死骸となった生物が多くいることであり、この炭素の量を割り出すと地球の還元炭素である石油系のエネルギーの総量が計算できるはずである。

このように計算すると、石油系のエネルギーである石油、石炭、その他の天然エネルギーの量は現在の消費量枯らしてもなんと500万年分あることになる。

そして、その中で採掘可能なものだけに限定しても8000年はもつということなのだ。

40年と8000年ではあまりにも違いがあるのでにわかに信じがたいかもしれない。

だが世界の現状に着目するべきだろう。

アメリカもロシアも中国も、石油や石炭などの消費量を一向に減らそうとしていないだろう。

もしもこれら各国が本当に40年しかもたないだとしたら、大きく政策を変えてくることは想像に難くないはずだ。

要するに、日本を除く大国は枯渇を信じていないのである。

更に、1980年からの世界の石油埋蔵量が年々増加している事実や採掘技術の向上・発展という現状からみても、石油が枯渇することは当分ないといって良いのではないだろうか。