コンテンツ

正しきゴミの分別

正しきゴミの分別の嘘

無意味なゴミの分別とは!?

家庭から出されるゴミは地域によるが、現在「生ゴミ」「ペットボトルなどのプラスチック類」「古紙などの紙類」「アルミ缶やスチール缶などの金属類」「ビンなどガラス類」「その他どれにも入らない物」の6種類に分けられている。

では早速、順番にゴミの処理方法を見ていきたい。

まず、生ゴミについては今の技術では焼却するしか方法がない。

昔のように畑などの肥料として再利用するのが良いのだが、現在では生ゴミに有害な物質が入っており、それを完全に除去できないので田畑の肥料にすることができないのである。

将来的には有害物質を取り除き、バクテリアなどによって処理する日が来るかも知れない。

プラスチック類は、ペットボトルなど家庭から出るものも分別されてはいるものの、実はそのほとんどが焼却されているのが現状なのである。

多くの人がプラスチック類はリサイクルして再利用しやすいものと勘違いしている。

しかし、基本的にプラスチックは使用すると劣化し、リサイクルすると石油から作られる新品よりもコストがかかってしまうものなのである。

よってプラスチックは焼却するしかない。

だが、プラスチックを燃やすと変な臭いがするために有害物質が出ると思われ、リサイクルした方が無駄にならないと勘違いされているのだ。

しかし最近の焼却炉は高性能なので、そんな心配はいらないのだ。

どうぜ燃やしてしまうのなら生ゴミと一緒に焼却した方が効率も良い上、家庭での分別の必要もなくなり、自治体もプラスチック分別にかかる費用もなくなるのにも関わらず、なぜこれを分別させる自治体があるのだろうか。

うた
うた
天下りでしょうね。
きよら
きよら
世の闇は深いな…。

ガラスビンも少量の紙も分別の必要ナシ

ビール瓶など昔は酒屋に持っていけば10円くらいもらえた時代があった。

そのため、ビンはリサイクルするものということが習慣的に染み付いている人もきっと少なくないはずだ。

だが着色されたガラスビンが混ざり合うと色が汚くなってしまう。

つまり、日本ではなかなか商品になりにくいようだ。

家庭から出される程度の量であれば、焼却炉で生ゴミと一緒に燃やしてしまっても問題ないといわれている。

(大量のガラスを焼却することは避けた方が良い)

ガラスは焼却されると最後に「スラグ」という物質になり、焼却炉の下から回収できるので、これを資源として有効利用も可能なのだ。

よってガラス(ビン)も分別せず生ゴミと一緒にしてしまって良いようである。

では、紙はどうだろうか。

紙のリサイクル、再生紙を作るには新しい紙を作る時の倍の石油が必要となるので環境にとって良くない。

紙の原料は森林資源なので、これが不足しているのであれば不足分をリサイクルの再生紙で補えば良いのだが、現在は資源が満たされている。

それにも関わらず、紙は全て再生紙にしなければならないとする自治体主導の税金をかけた回収が行われているのである。

本当に紙を資源として利用するのであれば、業者に任せてしまった方が良い。

業者はビジネスとして必要な分だけを回収することになるので、余分な紙を金をかけてまで回収することがない。

それによって、需要と供給が一致することになる。

つまり早い話が昔の「ちり紙交換」の復活である。

それでも出てしまう半端な古紙は生ゴミと一緒に焼却してしまうのが一番経済的だ。

最後に金属、特にアルミ缶について言及していきたい。

アルミニウムはボーキサイトから作られているが、日本ではこれが採れないので、アルミ缶を分別してリサイクルすることは経済的でありエコである。

しかし日本ではこれも自治体が税金をかけて回収している。

紙と同じようにこれも商売になるので、業者に任せてしまった方が税金もかからず良いはずなのである。

まとめてみると、ゴミの分別は「金属」「まとまった紙類」「その他のゴミ(生ゴミ含む)」の3種類で十分であるということが分かる。

その中で自治体は「その他のゴミ」だけを回収すれば良いし、「まとまった紙類」「金属」は利益となるのだから業者に任せれば良いのだ。

ゴミ分別=資源は本当なのか?

こういった標語をよく耳にするだろう。

しかし科学的には分別して資源になるものはごくわずかであり、ほとんどのものは分別したところで資源になることはないと分かっている。

現代は「再利用可能でもするべきでないものがある」という現実を見据えた上で、節約について真剣に考えていかねばならないのだ。