コンテンツ

有害物質ダイオキシン

有害物質ダイオキシンの嘘

ダイオキシンの毒性、極めて低い

ダイオキシンの生物への影響が分かってきたのは1970年代のことである。

ベトナム戦争で使用された「枯れ葉剤」の成分であったダイオキシンがマウスやラットなどの動物実験で非常に強い毒性を示すという実験結果が出た。

この結果に基づいて日本では90年代の終わりからダイオキシン規制を始めた。

これは学問的に現時点では明確に分かっていないので、予防的に規制するという「予防原則の規定」からのものである。

そして、分からないことについては大事をとっておき、厳しめの数値で規制しておくとした姿勢は、当時としては間違っていなかった。

その後、ダイオキシンの研究が進むと、ダイオキシンは塩分のあるところで有機物を300℃から500℃で燃焼させると合成されるということが判明した。

これを身近な例で示すと、囲炉裏端で塩を振った魚を焼いたりすると必ず発生するということになる。

これは昔からやっていたことなので、毒性についての実験を何度も繰り返していった。

そして、その実験からダイオキシンの毒性はそれほど強くないことは判明したのである。

東京大学の和田攻名誉教授(当時)も「少なくとも人は、モルモットのようなダイオキシン感受性動物ではない。また現状の環境中ダイオキシン発生状況から見て、一般の人々にダイオキシンによる健康被害が発生する可能性は、サリン事件のような特殊な場合を除いて、ほとんどないと考えられる」と、2001年に論文で発表した。

その後、この論文が否定されることもなく、ダイオキシン被害による患者も出ていない。

ダイオキシン規制継続の理由

かつて日本で起きた公害問題でも、亜硫酸ガスが喘息の原因である、水銀が脳神経を冒すなどの事実は後で分かったことだ。

公害物質と人体との因果関係が事実として確定されるには時間がかかるものである。

なぜなら、その間も患者が出る危険性があるからだ。

ことから、ダイオキシンを早期に規制した判断は正しいものといえるだろう。

しかし研究が進んで、毒性が極めて低いことが判明したのにそれを公にしないということは、少々釈然としない。

現に世間一般の人はダイオキシンは今でも「史上最強の毒物」だと信じており、その規制は依然として残ったままなのである。

学問的に証明されたものになぜいつまでも規制がかけ続けられているのかというと、ダイオキシンが史上最強の毒物であることによって甘い汁を啜っている連中がいるからである。

つまり、ダイオキシンが毒であると儲かる人間がいるということである。

ダイオキシンには年間1800億円の利権があるといわれている。

まずダイオキシンは猛毒だということをでっち上げる。

そうなると規制運動をするため天下り機関や新たな団体が出来上がる。

そしてダイオキシンは規制すべきだという建前ができてしまえば、ダイオキシンの生成を防止するための焼却施設が建設されたり、ダイオキシンの測定をする業者が儲かったりするといった構図である。

危険性が低いと学問的に判明した後でも、規制が延々と継続されている物質は、詳しく調査してみると大概、関係する業者や取締る団体などに総じて利権があるものである。

こうして悪者に仕立て上げられたものは、濡れ衣を着せられ、誤解も解かれぬままに延々と悪者扱いされ続ける。

それも無駄な費用をかけてである。

これからの問題はまず「史上最強の毒物」とあおり立てたマスコミに「私たちは早とちりをして間違った事実を報道していました」という訂正報道と、毒性について正しい情報を発信させなくてはならない。

政府広報もまた同じことである。

また、作ってしまった規制の法律についても、全面的に解除することまでする必要はないと思われるし現実的でもないが、せめてこの程度注意しておけば良いという程度の法律改正だけはするべきだろう。

そうしてこそ正しく健全な予防措置となり得るのだ。

焼き鳥屋は絶体絶命の危機?

焼き鳥を焼くということは、有機物である鶏肉に塩をかけて400℃から500℃くらいの温度で焼くということだ。

この行為はダイオキシンが日々大量に発生していることとなり、ダイオキシンがもしも猛毒であるのならば、焼き鳥屋の焼場で働く人たちは皆、ダイオキシン中毒患者になってしまう。

冷静に考えてみれば、そういうことなのである。