コンテンツ

温暖化で海面上昇

温暖化で海面上昇の嘘

アルキメデスの原理を想起せよ

地球温暖化によって北極や南極の氷が溶けて海水面が上昇する、中にはその影響で水没してしまう島や国もあるのではないかとする研究報告が巷に蔓延している。

まず北極について検証してみよう。

北極の海水が溶けて海水面が上昇することなどない。

なぜなら、北極の氷は海上に浮く氷だが、水上の氷が溶けても水面の高さの変動はないからである。

海水は塩を含むので水に比べてわずかな変化はあるが、問題になる程度の差はないのである。

ちなみにあなたは「アルキメデスの原理」をご存知だろうか。

中学で習う浮力の原理だ。

うた
うた
これね。
アルキメデスの原理

流体中の物体は、物体が排除した流体が受ける重力に等しい浮力を鉛直上向きに受ける。

簡単に説明すると、水は氷になると膨張して体積が増えるが、溶けた時膨張した体積が元に戻るだけなので、海水面に変化はないのである。

女性
女性
本当かしら〜それ。

もしも信じられないのであれば、コップに氷を浮かべてコップの水面位置に印を付けてみるといい。

氷が溶けても水面は印を付けた位置のまま変化しないはずである。

それでは、大陸の上に氷がある南極はどうなのか検証していこう。

ある研究報告によると、南極の氷が全て溶けたら海水面は60mも上昇するといわれている。

しかし現実には、南極の氷は溶けるどころか増加するのである。

南極の気温は-50℃くらいだ。

多少暖かくなったところでこれが0℃前後になることはあり得ない。

そして、南極周辺の海が温められたことで、蒸発した水は雪となって南極大陸に積もる結果になる。

南極は非常に気温が低いので、溶けてしまう氷の量よりも雪が積もって新しい氷になる量の方が多いのである。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)でも「南極では温暖化が進むとわずかだが海水面が下がる」とする結論が報告されている。

不安をあおる海水膨張と島水没説

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、それでも海面水位が上昇するという報告を出している。

だがこれは、何に基づいた見解なのかというと「海水の膨張」によるものなのである。

水は温まると膨張する。

つまり、この膨張によって海水の水位が上がるという理論だ。

しかしIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の平均的なシナリオによると100年で21~48cmの範囲で上昇するというのだ。

100年では長いので、今後30年としてみると、7~16cm海面水位が上昇するということになるのだが、この上昇が問題視するほどのものとは到底思えない。

日々の潮の満ち引きだけでも日本の太平洋側では2mくらいはある。

これに比べて、(地球が温暖化していると仮定して)30年で10cm前後の上昇は全く問題にならないものだと考えられる。

南太平洋のエリス諸島に位置するツバルでは、海水が土地を侵食している様子がよく報道され、これが地球温暖化による海面上昇の象徴のようにされている。

きっとあなたもご存知のことだろう。

実はツバルは元来、サンゴ礁でできた海面すれすれの島であった物を第二次世界大戦中にアメリカ軍が上陸して滑走路を造るために島の全体を埋め立てた経緯があるのだ。

現在のツバルの侵食、水没は、この埋め立てでできた窪みからの湧水や、低い土地へ人が住むようになったこと、更に生活排水による汚染が原因で砂が激減したことが主な原因になっているようなのだ。

実際、ツバルの気象庁が測定したデータでは、逆に9cmの低下という結果すら出ているのである。

海水面の高さというものは海水面の上昇だけではなく、地盤沈下によって起こるものでもあることを忘れてはいけない。

そして、地盤沈下が起こったとしても何の策も講じない国が世界では多く存在する。

このツバルやヴェネチアの浸水やバングラディシュの川に海水が入り込むといった事態は地盤沈下が主な原因なのである。

日本でも地盤沈下はある。

大阪の沈下が激しく年間20cmあまり沈んでいるのである。

しかし日本では国土交通省がこれをチェックし、地盤沈下に対応する堤防を建設したり、土地改良などで防御したりしているので、海水面上昇という事態には至っていない。

ツバルやヴェネチアに本当に必要なのは、地盤沈下を防ぐ土地改良や堤防技術なのである。

北極熊は絶滅危惧種!?

海氷が溶けてしまうこと(これも疑わしいものであるが…)と、北極熊の生存、この両者は全く別の話である。

それに北極熊は調査によると減少していないのである。

北極熊の中で減少しているグループと、増加しているグループがあり、その増減は同じくらいのようだ。

しかし、世では減少しているものだけが、なぜか報道されるのである。