コンテンツ

地球温暖化=悪

地球温暖化=悪の嘘

地球温暖化の利点とは

「二酸化炭素が増大したことによって温暖化ガスが大気圏にたまり地球は温暖化する。温暖化は恐ろしい。だから二酸化炭素の排出を減少させなければならない。」

今や小学生でも知っている国民の常識「地球温暖化現象」だ。

しかし、本当に地球は温暖化しているのだろうか。

実は温暖化を含め気候変動のメカニズムは、まだはっきりとしたことが分かっていないのである。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は「地球は今後温暖化する」「その犯人は人間が排出している二酸化炭素」だと断定している。

だが、これに対して多くの科学者が温暖化するかははっきりと分からないとしている。

それに加え、温暖化しているとする学者よりも、逆に寒冷化するのではないかという予測をたてている学者が多いともいわれているのである。

そこで本当に温暖化しているのかはひとまず棚に上げておくとして、今回は日本が温暖化した場合、受ける影響を見ていくことにする。

気象庁の気温上昇予想によると年間平均で3℃あまり気温が上がり、10月から4月の寒い時期は気温が高く、7月から9月の夏の気温はあまり上がらないとしている。

これは日本が四方を海に囲まれた環境にあるためである。

つまり海に囲まれているが故に、気温の変化が少ないこともあるのだけれども、夏はあまり気温が上がらず、寒い冬が温暖になるということなのである。

北海道や冬の豪雪地帯にとっては全くありがたい変化だろう。

気候はあくまでも自然現象なので、多くの要因によって異常気象が起こる可能性もある。

しかし、温暖化が原因で起こる降雨や水害、積雪などは微々たるものと予想されている。

つまり、台風という異常気象に毎年何度も見舞われている日本としては、温暖化による降雨や積雪などは問題ない量として見られているのである。

気候変動による主な影響

環境白書の気候変動による影響では、温暖化による悪影響ばかりがこと更に強調されているが実際のところはどうだろうか。

こちらは農林水産省の農業に関する影響である。

水稲 米の収量は、現在より3℃までの気温上昇では増加する。それ以上の上昇では北日本を除き減収する。一等米の比率は、全国的に減少する。
果樹 今世紀末に約2℃上昇するシナリオでは、温州ミカンやりんごの栽培に有利な温度帯は年次を追うごとに北上する。
病害虫・雑草 水田の害虫・天敵の構成の変化、害虫の増加。

こちらは健康面から見た暑熱による影響である。

死亡リスク 夏季の熱波の頻度が上昇し、死亡率や罹患率に関係する熱ストレスの発生が増加する。
熱中症 熱中症発症率の増加。特に北海道、東北、関東で大きい。

脳卒中緩和のメリットとは

温暖化による生活や健康へのリスクも政府や国立の研究所などから多くの報告が出されている。

しかし、どれも科学的な根拠がないものばかりであるのが実情である。

生活被害として心配されるのは熱中症だ。

だが、これらの報告は、猛暑の中でもかまわずに野外で運動するようなケースとなっている。

つまり私たちが、そんな危険な状態で何の手も打たないことなどあり得ない上、2℃ほど気温が上がることだけを根拠に熱中症の恐怖をあおるような報告もいかがなものかと思わざるおえない。

それよりも、温暖化により冬の気温が2~3℃上がると血管や心臓の循環器系の疾病、それも命に直結するような病気が緩和されるとされている。

これは非常に喜ばしいことではないだろうか。

狭心症や心筋梗塞を引き起こす虚血性心疾患なども暖かい地域と寒い地域では、死亡率に大きな違いがあり、圧倒的に寒い地域の方が死亡率は高い。

くも膜下出血や脳卒中なども寒い時期に多く、高血圧の人や持病持ちの高齢者にも暖かい冬の訪れは歓迎すべきことだろう。

そして、温暖化の影響で日本は特に米づくりが問題となる。

本来、稲という植物は元は熱帯性のものである。

それを日本では寒冷地でも美味しい米として収穫できるように品種改良を加えてきたので、基本的には温暖化になれば稲がよく育つこととなるはずである。

しかし農林水産省などからは「気温が上がると稲の収穫が減少する」という理解し難い報告ばかりが出されている。

報告の内容は「温暖化になっても農家や農業試験場が何の対策もせず、ただ今まで通りの寒冷地に適した稲を植え続けていくので収穫量が落ちる」というものなのである。

きよら
きよら
少々、国民をバカにし過ぎではないか。
男性
男性
確かにそうだ。

こうした理屈で片付けられてしまうと、温暖化という自然現象が原因であるというよりも、政府の怠慢による収穫量の減少と見た方が合理的な気がする。

現に農業環境技術研究所では、稲の生育と気温についての正確な計算をはじき出し、温暖化によって水稲の収穫量は18%から24%くらい増大するという報告を出している。

水稲ばかりではなく、他の農産物にしても、熱帯地帯はあまり収穫量が増えず、温帯地帯はかなり増え、亜寒帯地方では大きく増えるということが、当然のことながら予想されている。

地球レベルで見ても温暖化は食糧危機を救う可能性の方が高いのである。

日本でマラリア大量発生!?

温暖化によって日本にマラリアが大量発生するといった報道がある。

マラリアは蚊の媒介によって発病し、死亡することもある恐ろしい感染病だ。

しかし、東南アジアの蔓延の主たる原因は、下水道が行き届いていないことと、衛生面に原因があり、日本のように衛生環境が整備されている国と比較するのはどうなのだろう。

つまり、日本のように衛生環境が良い国で、恒久的にマラリアが蔓延するとは考えづらいのである。