コンテンツ

脳は10%しか使われていない

脳は10%しか使われてない嘘

映画やドラマの題材にもよく見かける、人間の脳はたった10%しか使われていないという設定。

女性
女性
あぁ〜よくあるわね。

脳に眠る野獣の力を今呼び覚ませ、と言わんばかりの能力を画面の向こうで主人公が発揮する。

きっとあなたも一度や二度、そんな作品を見たことがあるのではないだろうか。

果たして、人間の脳の90%は普段眠っているというのは本当なのだろうか。であれば人の脳はずいぶん怠惰な臓器ということになる。

しかし、それは非常に考えづらい。なぜなら人間の司令塔と言われる脳が怠け者ということになってしまうからである。

であれば『脳10%理論』は、ただのファンタジーにすぎないのかも知れない。

男性
男性
いや、俺はまだ本気出してないだけなんだ。
うた
うた
脳の90%をまだ使ってないってこと…かしら。

脳10%理論を生み出した3つの説

人間の脳は普段10%しか使われていない。

このような説を、あなたはどこかで耳にしたことがあるだろうか。

男性
男性
こんなの常識だよ〜。
きよら
きよら
これはこれは…。

この考え方は今でも非常にもてはやされており、眠ってる90%を解放すれば、超人的な力を得られる。

そういったアイディアは、様々な創作物の中で未だに目にするものである。

この『脳10%理論』が生まれた背景には、3つの説があるとされている。

1つ目は、『アインシュタイン、神を語る』の中でアインシュタインが語ったとされる一説によるものである。

その内容は「我々人間は潜在能力の10%しか発揮できていない」というものであり、この言葉がもととなり『脳10%理論』は世の中に広く認知され、確立されたとされている。

しかし、この言葉は科学的根拠に基づいたものではなく、アインシュタインの発言意図も、「もっと努力すれば潜在能力を引き出せるのだから、努力せよ」というものであった。

2つ目は、『サイレントエリア説』である。

19世紀に行われた動物の脳に刺激を与え反応を測定する実験。

この実験では、どのような刺激にも反応を示さなかった『サイレントエリア』と呼ばれる領域が観測され、眠っている脳の領域があるとされた。

しかし、最新の研究では、『サイレントエリア』には、ある領域が損傷した際に、その領域の担当機能を受け持つ予備領域の機能があると判明している。

3つ目は、『グリア細胞説』で、脳の90%を占めるグリア細胞は、神経信号の伝達には使用されていないため、『脳は90%が未使用』というデマにつながったとされている。

しかし、最新の研究ではグリア細胞にも神経伝達を補佐する役割があるとされ、この説もであることが証明されている。

女性
女性
嘘だと証明されてるのね。
きよら
きよら
実はこれも嘘だったんですね。

全体で処理するヒトの脳

元来、人間の脳は視覚や空間認識などのそれぞれの機能を司る専門領域に分かれており、1つの処理をする際には、その領域だけが使用されていると考えられてきた。

機能的磁気共鳴映像法と呼ばれる実験では、被験者に外部から刺激を与え、または様々な活動をさせ、その際の脳の血流を調べることによって、脳の各領域における機能を特定してきた。

しかし、その実験で分かるのは『機能を切り替える時に脳のどこが使用されているのか』であり、その際の脳全体のパターンを解析するには不十分であるとされてきた。

アメリカのマサチューセッツ工科大学のピカワー学習・記憶研究所が科学雑誌『サイエンス』に発表した論文は、「脳の各領域は共同して情報交換を行いながら処理をしている」ことを示し、それまでの説が間違っていることを証明した。

彼らは実験で、頭に電極をつけた被験者に、上下に移動する色のついた点の集合と、色・動きのどちらに注目するか指示する点を見せ、色、あるいは動きを答えさせ、脳内を観測した。

その際、色を答えさせた場合にも、動きを答えさせた場合にも、特定の領域が独立して働いているのではなく、脳全体で広範な神経活動が行われていると判明した。

確かに、色よりも動きを多く処理する領域もあれば、動きより色を多く処理する領域もあった。

しかし、いずれの場合も情報は脳皮質全体に伝達されていることが判明した。

そもそも考えてみれば、脳の90%が使われていないとするならば、脳が多少損傷した程度では人間の活動に支障を及ぼさないということになってしまうだろう。

しかし、実際には、脳は非常にデリケートな器官であり、少しでも損傷すると何らかの機能に影響が出るようになっている。

また、人間の肉体は非常に合理的に作られており、寝たきりの人の筋肉が細くなっていくように、使わない部位は即座に衰退の一途を辿る。

男性
男性
確かにそうだな。

脳の90%が、もしも使われていないとするなら、その部分は見た目からして使われている部分と明らかに異なってくるはずである。

従って、脳は100%使われていると考えるのが自然的であり、妥当なのではないだろうか。

ただし、全ての領域が一斉にフル回転しているわけではなく、機能ごとにメインとなる領域を交替しながら脳全体を使っているということを最後に念を押しておきたい。

脳を覚醒させれば超能力者!?

『脳10%理論』は様々な作品、映画やドラマ、アニメやマンガなどで採用されていることは既に周知の事実であろう。

あえて言うまでもないが、眠っている領域に超自然的な能力が秘められ、それを覚醒させた者が超能力的な力を得るといった設定だ。

2014年の映画『LUCY』でも、主人公が眠っている90%の脳を覚醒させ、細胞を操り別人に変身するなどの能力を得る。

日本でも、戸田恵梨香さん・加瀬亮さんのダブル主演作品、2010年TBS系列で放送された金曜ドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜』などがある。

女性
女性
私このドラマ見てたわ!

それ故に、事実はどうであれ、『脳10%理論』はエンターテイメント性溢れるアイディアを生み出すことができる理論なのではないだろうか。

うた
うた
私は脳10%説、好きだわ。