コンテンツ

夢占い

夢占いの嘘

夢に出てきた物や人、内容は何かを示唆しているといわれる夢占い。

火事の夢は縁起が良くない、交通事故の夢を見ると不幸にあう…。

女性
女性
昨日、歯が抜ける夢を見たわ…縁起悪いわ。

この類の迷信、通称:夢占いをあなたも一度は耳にしたことがあるだろう。

うた
うた
どうせ見るなら楽しい夢を見たいわね。

では今回は、夢占いについて言及していく。

時代遅れの珍学説

「空を飛ぶ夢は逃避願望の表れ」「歯の抜ける夢は、無意識が不満や不安を感じている」

このような夢占いを、きっとあなたも一度は聞いたことがあるだろう。

しかし、フロイト同様、当時は精神医学界の権威であったユングの唱えたこの説は、現代の精神医学では眉唾物となっている。

夢分析は、もともとフロイトが始めたものであり、彼は夢に現れる様々な事象は性的なものの表れであると説いた。

例えば、傘やペン、鉛筆などの棒状のものは男性器の象徴であり、箱や靴、容器などは女性器の表れといった具体である。

弟子であるユングも、初めはその説を支持していたが、ユングは独自の精神分析を開発し、夢分析に関しては後にたもとを分かつこととなった。

フロイトの夢分析は、個人の無意識に抑圧された性欲が、夢で性的なメタファーとなって現れるといったものであった。

しかし、ユングは人類全体が共有する集合的無意識というものが存在すると考えた。

集合的無意識は個人の経験などによらず、遺伝などによって受け継がれマインドブロック考えられ、その集団無意識から様々なモチーフが夢に現れる。

ユングはこの人類全体が共有する人的モチーフを、元型(アーキタイプ)と名付けた。

例えば、自我を支えるもう一人の自分は影(シャドウ)と呼ばれ、それは夢の中では影のような人間で現れるとされている。

現代の心理学では、フロイトもユングも時代遅れと見なされている。

夢分析にまつわる理論は何らかの実験に基づくものではなく、まともな科学理論としては取り扱われていない。

科学的根拠のない夢分析ではあるが、話のネタとして楽しむくらいは、きっと人生の良きスパイスになるだろう。

うた
うた
人生楽しまなきゃ損ね。

ユングの唱えた夢の元型の一例

自我 意識の中の唯一の元型
影(シャドウ) 抑圧されたもう一人の自己。嫌いな人間の姿で現れることが多い。
ペルソナ 社会的にかぶっている仮面。服装など身に付けるもので現れる。
マニア・アニムス 男性の中の女性らしさ、女性の中の男性らしさの象徴。異性の姿で現れる。