コンテンツ

宇宙で血液沸騰

宇宙で血液沸騰の嘘

宇宙では人間の血液は沸騰してしまう。

こんな話を今日までに一度くらいは、あなたもきっと耳にしたことがあるだろう。

自分の体に張り巡らされた血管の中を通る血液が煮えたぎる、なんて考えるだけでもゾッとしてしまう。

うた
うた
そんなこと考えたくないわ。

しかし本当にそのようなことが起きるのだろうか。

今回は、宇宙で血液沸騰説について詳しく言及していきたい。

NASAが公式に否定

宇宙空間に投げ出された人間は一瞬で血液が沸騰し、体内の圧力により内側から破裂する。

このような描写は、SF映画ではよく見かける演出である。

女性
女性
よくあるわね。

しかし、実際にこのようなことは起こりえないと既に分かっているのである。

1997年、NASAのウェブサイトに同様の疑問が寄せられている。

曰く「宇宙服なしで宇宙に出た場合、人体はどのようになってしまうのか?」と。

これに答えてNASAは以下のような回答をしている。

NASAの回答

30秒程度ならば、ほとんど後遺症が残ることもないだろう。

10秒経過したあたりから体に異常が生じるが、体が破裂することもなければ、血液が沸騰することもない。

凍結することもなければ意識を失うこともないだろう。

1965年に起こったNASAの宇宙センターの事故は、この返答を裏付けている。

きよら
きよら
根拠もありますよ。

宇宙センターの真空チャンバー内で、飛行士の宇宙服が減圧され、一時的に彼は真空状態にさらされた。

一命を取り留めた彼の話によると、舌先で唾液が蒸発する感覚を味わったそうだが、血液が沸騰することはなかった。

そもそも血管には、血圧という圧力がかかっていることは既に周知の事実だろう。

これは健康な成人で、拡張期には85mmHg、収縮期には130mmHgほどである。

37℃の体温を持つ人間の血液の蒸気圧(液体が空気を押す圧力)が47mmHgほどであるとされるから、血圧には全く及ばない。

このことから考えても、宇宙空間において血液が沸騰するというのは明らかなデマである。

うた
うた
世の中デマばっかりね。